Roku

2020年12月15日までに、大阪府公安委員会は大阪府内にあるちゃんこ店の経営者に対し、暴力団と知りながら場所や料理を提供しないよう指導した。このちゃんこ店では六代目山口組『三代目弘道会』系組長が約60人で宴会を行っていて、府公安委は組長にも指導した。


スポンサーリンク


暴力団員に会合の場所提供、大阪 飲食店経営者らを指導、府公安委
2020/12/15 17:22

(共同通信) https://this.kiji.is/711494232546656256?c=39546741839462401

ちゃんこ店で暴力団が大宴会 店側「コロナで経営が…」
2020年12月15日 18時27分

(朝日新聞) https://www.asahi.com/articles/ASNDH62NXNDHPTIL012.html

暴力団に会合場所提供 ちゃんこ屋と組会長を指導
2020/12/15 20:28

(朝日放送) https://www.asahi.co.jp/webnews/pages/abc_8873.html



このニュースのまとめ

  • 2020年05月下旬、六代目山口組『三代目弘道会』系組長(50代)は、大阪府にあるちゃんこ鍋屋で宴会を開催し、経営者の男性(60代)は宴会に参加した約60人に宴会場所や料理を提供し、約30万円の代金を受け取った。
  • 2020年12月15日までに、大阪府公安委員会は大阪府暴力団排除条例に基づき、経営者の男性に対し、暴力団員だと知りながら宴会場所や料理を提供するなどの利益供与をしないよう再発防止を行政指導した。宴会を開いた組長にも、店から場所や料理の提供など利益供与を受けないよう指導した。
  • この宴会は他団体から移籍してきた組員と従来の組員が親睦を深めるために開催されたとみられていて、経営者の男性は暴力団だと知りながら予約を受け入れたという。
  • 経営者の男性は「コロナ禍で経営が厳しく売上が落ちていたので、暴力団と分かっていたが予約を受け入れてしまった」と話し、組長は「今後は店に迷惑をかけません」と話しているという。



 ⇒ 関連記事 













髙山若頭からの警告 続・弘道会の野望