Roku

2021年05月31日までに、知人男性を殴り翌日に被害届を出さないよう脅したとして、六代目山口組『三代目弘道会』系組長ら4人が傷害や強要の疑いで逮捕された。組員が知人男性に暴行を加え、組長が翌日に男性を呼び出し「被害届出すなよ。出したらどうなるか分かるな」などと言って脅したという。


スポンサーリンク


「被害届出したら どうなるか分かるな…」事件もみ消そうとしたか 強要の疑いで暴力団組員の男ら逮捕
2021年6月2日 水曜 午後7:52

(関西テレビ) https://www.ktv.jp/news/articles/928f5192_2685_4b06_8d04_40760c452f3c.html



このニュースのまとめ

  • 2021年05月31日までに、六代目山口組『三代目弘道会』傘下『野内組』傘下『二代目北村組』幹部で傘下組長の廣瀬元則(49)ら3人が強要の疑いで、組員の松倉貴史(40)が傷害の疑いで、計4人が逮捕された。
  • 逮捕容疑は2020年10月、大阪府大阪市西成区の路上で松倉が知人男性(40)に暴行を加え、翌日に廣瀬らが被害男性を脅して被害届を出さないよう強要した疑い。
  • 廣瀬は被害男性を呼び出し、「松倉にどつかれた件で来たんや。(事情を聞かれて)西成警察に行くから、被害届出すなよ。出したらどうなるか分かるな」などと言って脅したとみられている。
  • 男性は被害届を出さなかったが、警察が現場の状況証拠から松倉を逮捕し、その後の調べで廣瀬らが強要した疑いが高まり、逮捕に至ったという。



俠拳 関西右翼・ヤクザ関係秘史