Roku

六代目山口組系組員から詐欺被害にあった香川県の男性が六代目山口組組長・司忍ら3人を使用者責任で提訴していた裁判で、司忍らは6000万円を支払って和解することが分かったという情報があった。

被害者の香川県男性は六代目山口組系組員から嘘をつかれ、9150万円を騙し取られていた。



スポンサーリンク


篠田山口組組長ら被害者と和解、6千万円支払い…傘下組員による詐欺「借金払わないと風俗店に売られる」 高松地裁
2016.3.3 13:21

(産経ニュース) http://www.sankei.com/west/news/160303/wst1603030044-n1.html

山口組組員詐欺 篠田組長ら6000万円支払いで和解
2016年3月3日 12時17分

(毎日新聞) http://mainichi.jp/articles/20160303/k00/00e/040/172000c


このニュースのまとめ

  • 2010~11年、六代目山口組系組員(44)は香川県の男性(50代)に「(男性が好意を持った)女性が借金をしている。肩代わりしないと、女性の家族がばらばらになったり風俗店に売られる」と嘘を言い、9150万円を騙し取った。
  • 六代目山口組系組員は詐欺罪で逮捕され、2013年に高松地裁で懲役7年の判決が確定した。
  • 2014年04月、香川県の男性はこの六代目山口組系組員、六代目山口組傘下組長、六代目山口組組長の司忍の3人に対して、上部団体組長の賠償責任を追及できる改正暴力団対策法の使用者責任に基づく約7600万円の損害賠償を求めて高松地裁に提訴した。
  • 2015年12月21日付きで司忍組長と傘下組織組長の2人は、香川県の男性に解決金6000万円を支払う和解提案に応じ、和解した。
  • 2016年03月02日、高松地裁は六代目山口組系組員の不法行為責任を認定し、約3000万円の支払いを命じた。


スポンサーリンク