Roku

2021年07月30日までに、男性に因縁を付けて現金を脅し取ったとして、六代目山口組関係者で会社役員の男が恐喝の疑いで逮捕された。関係者の男は転売用のシラスウナギを男性に管理させていて、男性がシラスウナギを死なせてしまったため、現金を脅し取ったとみられている。


スポンサーリンク


転売用に獲る…ウナギの稚魚の死に因縁つけ管理役から150万円脅し取ったか 山口組傘下組織の関係者逮捕
2021年07月30日 16:06

(東海テレビ) https://www.tokai-tv.com/tokainews/article_20210730_10351



このニュースのまとめ

  • 2021年07月30日までに、六代目山口組関係者で会社役員の藤村太一(43・愛知県田原市)が、恐喝の疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2018年02月頃、自分が獲って来たウナギの稚魚であるシラスウナギを管理させていた男性(22)に対し、シラスウナギが亡くなったことに因縁を付け、現金150万円を脅し取った疑い。
  • 藤村は転売用のシラスウナギを数箇月前から男性に管理させていて、「管理が悪いから死んだんだろ。お前も親も田原に住めないようにするぞ」などと言って脅したという。
  • 警察は、シラスウナギの転売が暴力団の資金源になっていたとみている。藤村は取り調べに対し、「全然違う」と供述しているという。



喰うか喰われるか 私の山口組体験