Roku

2021年09月05日、石川県小松市で飲酒運転をしたとして、六代目山口組『三代目一会』幹部の傘下組長が道交法違反の疑いで逮捕された。組長は酒を帯びた状態で車を運転し、別の車に衝突する事故を起こしていたという。


スポンサーリンク


酒気帯び運転疑い、暴力団組長を逮捕 小松署
2021/9/6 16:00

(北國新聞) https://www.hokkoku.co.jp/articles/-/518242



このニュースのまとめ

  • 2021年09月05日、六代目山口組『三代目一会』幹部で『上原組』組長の上原俊男(67・石川県小松市)が、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2021年09月05日22時40分頃、石川県小松市城南町の市道で、酒気を帯びた上帝で車を運転した疑い。
  • 上原は市道の交差点で男性(20代・石川県能美市)が運転する車に衝突する事故を起こし、駆け付けた警察官が呼気検査をしたところ、アルコール成分が検出されたため、現行犯逮捕された。