大阪府警

2022年05月25日、大阪ミナミの路上で通行人に暴行を加えたとして、半グレグループ『アビス』元メンバーとみられる男3人が傷害の疑いで逮捕された。アビス元メンバーらはアビスの解散後、六代目山口組系組織に加入したとみられている。


スポンサーリンク


ミナミで通行人に「なに見とんねん」と因縁 傷害容疑で半グレ3人を逮捕
2022/5/25 16:41

(産経新聞) https://www.sankei.com/article/20220525-TXBAYF44WFISDPNFK7D355WA5Q/



このニュースのまとめ

  • 2022年05月25日、半グレグループ『アビス』元メンバーで六代目山口組『三代目弘道会』傘下『十代目稲葉地一家』系組員とみられる、市森歩夢(21)、米田耀(23・大阪市浪速区)、解体業の男(18・大阪市鶴見区)の計3人が、傷害の疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2022年01月26日04時25分頃、大阪府大阪市中央区東心斎橋の路上で、通行人の男性(20代)に「なに見とんねん」と言って因縁を付け、顔や腹を殴るなどの暴行を加え、唇を切るなどの怪我を負わせた疑い。
  • 警察は、他にも事件に関与した人物がいるとみて、捜査を進めている。
  • 市森らは大阪最大級の半グレグループだったアビスのメンバーだとみられ、アビスの解散後に六代目山口組系組織に加入したとみられている。



 ⇒ 関連記事 







さらばアビス


スポンサーリンク