六代目山口組傘下組織の事務所が閉鎖

2022年09月14日、兵庫県尼崎市にある、六代目山口組『三代目弘道会』傘下『野内組』傘下『権太会』傘下『二代目大興會』の組事務所が閉鎖した。二代目大興會の組事務所が閉鎖したことで、尼崎市からは暴力団事務所が全て排除され、1つも存在しなくなったという。


スポンサーリンク


六代目山口組傘下組織の事務所が閉鎖 尼崎市が発表
2022年09月21日(水曜日) 18:09



(サンテレビ) https://sun-tv.co.jp/suntvnews/news/2022/09/21/57951/

兵庫・尼崎市内の暴力団事務所ゼロに 山口組傘下組織閉鎖で
2022/9/21 20:33

(産経新聞) https://www.sankei.com/article/20220921-3OPDLTK4ENKCNI7KFETY5VA2BI/

尼崎の暴力団組事務所がゼロに 市と住民らが全国初の排除に成功 7年前は8カ所
2022/9/21 20:40

(神戸新聞) https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202209/0015658053.shtml



このニュースのまとめ

  • 2022年09月14日、六代目山口組『三代目弘道会』傘下『野内組』傘下『権太会』傘下『二代目大興會』の、兵庫県尼崎市昭和南通5にある組事務所が閉鎖した。
  • 2020年01月に六代目山口組と神戸山口組が特定抗争指定暴力団に指定され、警戒区域に尼崎市が設定されたため、12月に二代目大興會の組事務所は使用禁止となっていた。
  • 二代目大興會の組事務所は、2022年01月以降、近隣住民から委託を受けた暴力団追放兵庫県民センターが使用禁止を求める仮処分を申し立てる予定だったが、申請前に自主的に閉鎖したという。
  • 尼崎市では、2015年08月に六代目山口組が分裂して神戸山口組が結成された時点で8か所の暴力団事務所があり、2018年には5箇所の暴力団事務所が確認されていたという。六代目山口組とそこから分裂した神戸山口組、さらにそこから分裂した絆會(旧・任侠山口組)の3団体の組事務所が混在していて、発砲などの抗争事件も多発した。
  • 尼崎市は、2019年に尼崎市暴力団排除活動支援基金を設置し、暴力団追放運動を支援したり、暴力団追放兵庫県民センターが組事務所の使用禁止の仮処分を地裁に申請するなど、住民と行政と警察が連携して暴力団の排除に力を注いできた。
  • 今回、二代目大興會の組事務所が閉鎖したことで、尼崎市にある暴力団事務所の数は0になったという。複数の組事務所があった自治体でゼロになるのは全国で初めてだという。



daikoukai1
閉鎖した二代目大興會の組事務所



尼崎市の暴力団事務所について

  • 絆會の本部である『四代目真鍋組』の組事務所は、2018年06月に暴追センターが仮処分を申請し、09月に神戸地裁が仮処分を決定。2021年10月に民間業者に売却され、解体された。
  • 絆會の本部となった『二代目古川組』の組事務所は、2019年10月に暴追センターが仮処分を申請し、12月に神戸地裁が仮処分を決定。2021年09月に解体された。
  • 六代目山口組『三代目司興業』傘下『琉真会』の組長宅兼組事務所は、2021年06月に尼崎市が買収した。
  • 神戸山口組『三代目古川組』の組長宅兼組事務所は、2021年11月に暴追センターが仮処分を申請し、12月に神戸地裁が仮処分を決定。2022年03月に民間業者に売却され、解体された。
  • 六代目山口組『三代目弘道会』傘下『野内組』傘下『権太会』傘下『二代目大興會』の組事務所は、2021年12月に特定抗争指定暴力団の警戒区域内のため使用禁止となり、2022年09月に閉鎖された。
  • その他の暴力団事務所は、組の解散や統合に伴って閉鎖したとされる。



二代目大興會について

二代目大興會は、四~六代目山口組の直参だった二代目大平組の中村天地朗組長が2014年に引退した後、中村組長の実子である中村彰宏組長が地盤を継承して結成した組織。

中村彰宏組長は、右翼団体を結成するなどした後、山口組傘下の心腹会で渡世の修行を積み、二代目大平組で若頭を務めた。二代目大平組の中村天地朗組長が引退して二代目大平組が解散すると、大興會を結成した中村組長は六代目山口組『二代目古川組』の預かりとなった。

2015年08月に六代目山口組が分裂して神戸山口組が結成された後、12月に二代目古川組は六代目山口組を離脱して神戸山口組に移籍。中村組長は服役中だったため、神戸山口組へ移籍しなかったとされる。

2017年04月に神戸山口組が分裂して絆會(旧・任侠山口組)が結成された後、10月に中村組長は絆會へ加入。大興會を三代目大平組に改称し、絆會代表秘書を務めるなどしたが、2020年03月に絆會を離脱し、六代目山口組『三代目弘道会』傘下『野内組』傘下『権太会』へ移籍。三代目大平組を大興會に再び改称した。

中村組長は権太会相談役を務めたが、2020年09月に除籍処分されて引退し、若頭だった深井学が二代目大興會を継承したとされる。



 ⇒ 関連記事 













喰うか喰われるか 私の山口組体験


スポンサーリンク