「露店=暴力団のイメージもたれないように…」“排除”

2022年11月07日までに、暴力団であることを隠して祭りに露店を出店したとして、六代目山口組『藤友会』組員2人、その妻ら2人、露店で働いていた3人の、計7人が詐欺の疑いで逮捕された。

静岡県沼津市で開催された『沼津夏まつり・狩野川花火大会』に露店を10店舗出店し、1日に1店舗あたり10~100万円の売り上げがあったという。

2022年11月17日、この事件に関与していた、露天商組合理事長の男が詐欺の疑いで逮捕された。理事長は暴力団が経営する露店だと知りながら、出店申込書などを祭りの実行委員会に提出していたという。

2022年11月28日までに、逮捕されていた六代目山口組『藤友会』組員ら5人が、静岡県三島市で開かれた『三嶋大祭り』でも同様の手口で露店を出店してとして再逮捕された。


スポンサーリンク


暴力団隠し夏祭り出店か 詐欺容疑で暴力団員ら7人逮捕
2022年11月07日 17時15分

(NHK) https://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/20221107/3030018206.html

暴力団関与隠し、沼津の花火大会に露店 詐欺容疑で組員ら逮捕
2022年11月07日

(静岡新聞) https://www.at-s.com/news/article/shizuoka/1146941.html

花火大会の露店出店権をだまし取ったか…暴力団組員2人を逮捕 代表者は妻や内縁の妻に 静岡・沼津市
2022年11月07日(月)

(テレビ静岡) https://www.sut-tv.com/news/indiv/18939/

人気花火大会の露店が数十年にわたり暴力団の資金源か 出店権詐取容疑で組事務所を捜索 静岡県警
2022年11月08日(火)

人気花火大会の露店が数十年にわたり暴力団の資金源か

(テレビ静岡) https://www.sut-tv.com/news/indiv/18951/

「露店=暴力団のイメージもたれないように…」“排除”率先役の組合理事長を逮捕 組員関与の店舗“黙認”かー静岡県警
2022年11月17日(木) 15:32

(静岡放送) https://newsdig.tbs.co.jp/articles/sbs/206550?display=1

三嶋大祭りでも露店出店か 狩野川花火で逮捕の暴力団員ら5人再逮捕 10店舗経営で100万円以上の売り上げか=静岡県警
2022年11月28日(月) 13:06

(静岡放送) https://newsdig.tbs.co.jp/articles/sbs/215423?display=1

暴力団が不正に露店を出店していないか、初詣に合わせパトロール=静岡県警
2023年1月6日(金) 08:32



(静岡放送) https://newsdig.tbs.co.jp/articles/sbs/262929?display=1



このニュースのまとめ

  • 2022年11月07日までに、六代目山口組『藤友会』組員の土屋富美夫(66・静岡県裾野市)、妻で清掃員の女(52)、組員の坪井和夫(76・静岡県富士市)、内縁の妻で露天商の女(55)、土木作業員の男(48・静岡県長泉町)、土木作業員の男(24・静岡県沼津市)、無職の男(78・静岡県富士市)の計7人が、詐欺などの疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2022年、第75回沼津夏まつり実行委員会に対し、暴力団であることを隠して書類を提出し、静岡県沼津市で開催された『沼津夏まつり・狩野川花火大会』に露店を出店する権利を不正に取得した疑い。
  • 花火大会などに暴力団が関与する露天商が出店することは、静岡県暴力団排除条例などで禁じられていて、実行委員会は出店者側に『暴力団と直接または間接の関係を一切有していない』という誓約書や出店申込書、本人確認書を提出させていた。土屋らは妻などの名義で誓約書や出店の申込書を提出していたが、実質的な経営は土屋らだったという。
  • 沼津夏まつり・狩野川花火大会は2022年07月30~31日の2日間開催され、土屋らは2グループに分かれ、金魚すくい、綿菓子、リンゴあめ、かき氷、焼きそば、ドネルサンドなど、計10店の露店を出店していた。人気の店舗は1日で100万円を超える売り上げがあったとみられている。
  • 土屋らは、この花火大会で数10年にわたって露店を出店し続けていた他、沼津市の他でも複数の祭りで露店を出店していたとみられている。
  • 2022年11月08日、この事件の関係先として、静岡県富士市水戸島元町にある藤友会の本部事務所を、静岡県警が家宅捜索した。警察は、祭りの露店が暴力団の資金源になっていたとみて、余罪なども含め捜査している。
  • 2022年11月17日、露天商組合『県東部イベント商業協同組合』理事長の男(67・静岡県三島市)が、詐欺の疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑はすでに逮捕されている土屋らと共謀し、露店の実質的な経営者が暴力団であることを知りながら隠し、沼津夏まつり実行委員会に誓約書や出店申込書などを提出し、露店の出店権を不正に騙し取った疑い。
  • この組合は、露天商から提出される誓約書や出店申込書の取りまとめを実行委員会から受託しており、理事長はその責任者だった。理事長は土屋ら4人が暴力団関係者であると知りながら黙認し、誓約書や出店申込書を提出していたという。
  • この組合は、2012年に静岡県暴力団排除条例に沿って暴力団排除を宣言しており、「(暴力団と)関わりを一切持たない。法令を順守し健全な露店営業に努める」などと誓っていたが、理事長と土屋ら組員は長年の知人だという。
  • 警察は、露店の収益が藤友会に流れていたとみて、この組合と暴力団の関係や、事件に関与した経緯など、事件の実態解明を進めている。
  • 2022年11月28日までに、六代目山口組『藤友会』組員の土屋富美夫(66・静岡県裾野市)、妻で清掃員の女(52)、組員の坪井和夫(76・静岡県富士市)、内縁の妻で露天商の女(55)、土木作業員の男(48・静岡県長泉町)の計5人が、詐欺などの疑いで再逮捕された。
  • 再逮捕容疑は2022年08月15日から3日間、静岡県三島市で開かれた『三嶋大祭り』で、暴力団であることを隠して祭りを主催した実行委員会に書類を提出し、露店を出店する権利を不正に取得した疑い。
  • 土屋らは土木作業員の男の名義で誓約書や出店の申込書を提出し、名義人を変えることで摘発を逃れようとしていたとみられる。三嶋大祭りではブドウあめ、綿菓子、金魚すくいなど計10店を出店し、3日間で各店舗100万円以上の売り上げがあったとみられている。


 ⇒ 関連記事 














スポンサーリンク