IMG_5647

2019年04月22日までに、六代目山口組系組員ら6人が、茨城県内水面漁業調整規則違反の疑いで逮捕された。逮捕容疑は茨城県那珂郡東海村にある新川で、無許可でシラスウナギ93匹を密漁したというもの。


スポンサーリンク


シラスウナギ密漁か暴力団員逮捕
2019年04月22日 17時33分

FullSizeRender

(NHK NEWS WEB) https://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/20190422/1070005999.html

シラスウナギ密漁で暴力団の資金稼ぎか 組員ら逮捕
2019/04/22 18:12



(テレ朝news) https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000152815.html





このニュースのまとめ

  • 2019年04月22日までに、六代目山口組系組員の寺門厚志(37・茨城県ひたちなか市)ら2人と、自動車修理販売業の男(44)ら男女4人の計6人が、茨城県内水面漁業調整規則違反の疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2019年03月27日18時25分~19時55分の間、茨城県那珂郡東海村照沼にある新川の河口付近で、知人の男女4人に指示し、懐中電灯や網を使ってウナギの稚魚『シラスウナギ』93匹を密漁させた疑い。
  • シラスウナギは要職に使われるウナギの稚魚で、1kg(約5000匹)で約180万円の高値で取引されていて、白いダイヤと呼ばれている。寺門らは密漁したシラスウナギを売り捌き、暴力団の資金源にしていたとみられている。