IMG_6175

2019年07月21日、六代目山口組系組長が、公務執行妨害と器物損壊の疑いで現行犯逮捕された。組長は路上で泥酔し、警察に保護されたが、パトカーの中で警察の無線コードを噛みちぎったという。


スポンサーリンク


山口組系の組長 警察の無線機コード“噛みちぎる”「服は引っ張ったがその記憶はない」 福岡市
2019/07/22 19:45



(TNC テレビ西日本) https://www.tnc.co.jp/news/articles/NID2019072204631



このニュースのまとめ

  • 2019年07月21日、六代目山口組系組長の六反隆裕(44)が、公務執行妨害と器物損壊の疑いで現行犯逮捕された。
  • 逮捕容疑は2019年07月21日21時40分頃、福岡県福岡市東区箱崎で泥酔した姿を通報され、警察に保護されたが、パトカーで警察署に向かう途中、警察が身に着けている無線コードを噛みちぎった疑い。
  • 六反は警察の取り調べに対し、「服は引っ張ったが、コードを噛みちぎったのは覚えていない」などと供述しているという。



金融ダークサイド 元経済ヤクザが明かす「マネーと暴力」の新世界