盛力健児

前回、毎日放送のVOICEという報道番組の中で元山口組直参組長の『盛力健児』が山口組分裂騒動について語っていたという記事を載せた。

 ⇒ 前回の記事 
元山口組直参組長『盛力健児』が毎日放送のVOICEに登場
http://yakuza893.blog.jp/seirikimbs.html

この元山口組直参組長の『盛力健児』 とは一体いかなる人物なのであろうか。2013年には『鎮魂 ~さらば、愛しの山口組』という本を出版して話題になっていたようだ。

ネットや書籍の情報を基に経歴をまとめてみることにする。


スポンサーリンク


経歴まとめ

盛力健児(せいりき けんじ )、本名は平川茂(ひらかわ しげる)、1941年05月29日生まれ、香川県の出身。

宮本組若中、三代目山口組一心会西崎組若頭、三代目山口組山健組若頭補佐、盛力会会長、五代目山口組若中、六代目山口組若中を歴任。

2009年に山口組を除籍となり引退。2013年には著書『鎮魂 ~さらば、愛しの山口組』を出版、現在は嵩山少林寺グループ会長として大阪に総合武術の道場の設立を目指している。


詳しい経歴

中学校を卒業後15歳で奈良に出て靴下工場に就職するも1年でクビになる。地元に帰り左官に弟子入りするがメシが食べて行けなくなりヤクザを志すようになる。

合田組(後の合田一家)に縁があり入ろうとしたが母親が反対して頓挫、17歳で地元の宮本組に加入する。実の兄が大阪に働きに出ていることもあって1960年に大阪へ移住、南道会の岡本正雄に客分として1ヶ月の間預かってもらう。

1961年頃に三代目山口組一心会西崎組へ加入、西崎組若頭を務めた。1966年頃に一心会は解散し盛力は愚連隊となるが、1967年05月に山健組若頭だった三輪正太郎の仲介で山健組に加入。山健組若頭補佐に起用され、同時期に盛力会を立ち上げる。

山健組に加入する直前に盛力が拳銃を貸していた仲間が賭場荒らしで殺人を犯してしまい、盛力は強盗幇助で逮捕され懲役6年を受けて京都刑務所に服役した。

1973年04月に出所。一旦は山健組若頭補佐を降りたがその後に若頭補佐に復帰、山本健一親分のボディーガードも務めた。

1978年08月、山口組と松田組の抗争『大阪戦争』の過程で三代目山口組組長・田岡一雄が撃たれた報復として、盛力会組員が大阪市住吉区の銭湯で二代目松田組村田組若頭補佐の朝見義男を射殺する。盛力はこの事件の首謀者とされ逮捕、懲役16年を受けて宮城刑務所に服役した。

1989年、五代目山口組が発足すると盛力は内部昇格により獄中で五代目山口組の直参となった。1996年01月に宮城刑務所を出所。

2004年、中国河南省登封市にある少林武術の総本山『嵩山少林寺』の素喜大師から弟子と認められる。

2005年に六代目山口組が発足、盛力は引き続いて六代目山口組若中となった。

2009年02月、六代目山口組舎弟だった後藤組組長・後藤忠政の処分騒動に巻き込まれる。執行部に批判的だった盛力は六代目山口組を除籍され、引退した。


どんな人物なのか

01910c81

初代山健組では渡辺芳則(山健組若頭・健竜会会長)と杉秀夫(山健組舎弟・健心会会長)と共に山健組三羽ガラスと言われ、山本健一親分からの信頼も厚かった。

初期の頃のシノギは運送屋の助手、白タク、コールガールのカスリなどをしており、その後に会社整理、プロ空手の興行などを手掛けていたという。

京都刑務所の中では孫子の兵法、韓非子、三国志、三尺物などの本を読んでおり、その中で笹川繁蔵(江戸時代の侠客『天保水滸伝』のモデル)の一の子分である勢力富五郎の生き様に惚れ「せいりき」に改名している。そのまま「勢力」とするのは能がないから「盛力」にして「健児」は山本健一の子供という意味とのこと。

京都刑務所では後の六代目山口組統括委員長になる橋本弘文と出会っている。

三代目山口組組長・田岡一雄が狙撃されたベラミ事件で真っ先に報復したのが盛力だった。逮捕された時の取り調べで盛力は舌を噛んで刑事の戦闘意欲を失わせ、山本健一に指示されたというデタラメな調書を破棄させて親分や組織を守った。

宮城刑務所の中では体を鍛えて他の囚人に格闘技を教えたりしていた。格闘技、兵法、宗教などの本を読み英語の勉強もこなしていたという。宮城刑務所で後の六代目山口組組長になる司忍と出会っていて、司から貼り絵を作ってもらっている。

三代目山口組組長・田岡一雄の長男の田岡満と四代目山口組組長・竹中正久の弟である竹中武は親友で、盛力の心の支えになっていた。同じ山健組出身の中野会会長・中野太郎とも仲が良かったようだ。

三代目山口組菅谷組組長・菅谷政雄には過去に助けてもらったことがある。後の稲川会会長・石井進には山本健一親分と共に世話になったという。総理大臣になる前の自民党衆議院議員・大平正芳とパーティーで一緒になった逸話もある。

宮城刑務所を出所する時に出迎えに来ていた五代目山口組若頭・宅見勝との会話の中で「そのうち盛力の席を設ける(若頭補佐で執行部に入れる)」と言われていたが、盛力が山口組若頭補佐に就任する日は来なかった。

出所後は大阪戦争(ベラミ事件の報復)で勲章を挙げたため、様々なスポンサーや社長連中が集まってきた。服役前は50人足らずの盛力会だったが、出所後には600人にまで膨れ上がることになる。

しかし盛力の看板を悪用されたこともあったらしく、最盛期には20数億円を集めたがそのうち15億円ぐらいは食われているという。


渡辺芳則との確執

es33

後に五代目山口組組長となる渡辺芳則とは山健組で同じ若頭補佐を務めたりしていたが、盛力はその頃から渡辺のことを良く思っていなかったようだ。

渡辺の方が先に山健組入りしていたが山健組若頭補佐になったのは同じ時期、山健組若頭だった三輪正太郎と盛力は五分の兄弟分であり、座布団は盛力の方が高かった。

盛力は山健組若頭に内定されていたが京都刑務所に収監された為、渡辺が山健組若頭となった。その後の宮城刑務所で服役中には三代目山口組組長の田岡一雄と親分の山本健一が相次いで死去。渡辺は二代目山健組組長に就任した後、五代目山口組組長を襲名し暴力団社会の頂点に立った。

五代目山口組で直参となった盛力だが、山健組の初期の頃は盛力の方が渡辺より座布団が高かったため渡辺の子分になることには迷いがあったという、盛力は渡辺に先を越されていったのが気に入らなかったのだろう。

盛力は渡辺や桑田ではなく、自身が山健組組長に相応しいと思っていたようだ。大阪戦争で成果を挙げ、取り調べでは体を張って親分や組織を守り抜き、懲役16年を務めたのに山健組組長になれないなんてゆめゆめ思って無かったという。

ある日、渡辺に拳銃を貸したが翌日に撃鉄の部分が折れて返って来た。渡辺は『知らんがな、折れてしもたんや』と言い悪びれる様子は無かった。

渡辺が二代目山健組組長になった時、渡辺は盛力の許可を得ずに盛力会の若者4人を山健組の直参にあげた。この若者は盛力が出所したら盛力会に返すという約束だったが反故にされている。

出所後に渡辺から出所祝いとしてルイ13世が2本と500万円が贈られたが、渡辺は周りに『盛力には30億円ぐらいやらな』と言っており、周りは盛力が渡辺によい処遇をしてもらってると勘違いしてしまった。

あるとき盛力は渡辺に『盛力、俺は田岡を超えたぞ』や『お前の極道人生は失敗した』などと言われ、盛力は渡辺と距離を置くようになり、これらの出来事を自身の著書『鎮魂』にて暴露するに至っている。


関連動画

1989年05月に行われた五代目山口組継承式の動画。盛力は18分37秒に映っている。



2005年08月に行われた六代目山口組継承式の動画。盛力は44分20秒に映っている。



2015年10月14日に放送された毎日放送の報道番組『VOICE』。盛力は山口組分裂騒動について語っている。






今後は

盛力はプロ空手の興行を手掛けた時に知り合った人脈を通じて、2004年に中国河南省登封市にある少林武術の総本山『嵩山少林寺』の素喜大師から弟子と認められた。

この頃から引退を考えるようになり、嵩山少林寺が自分にとって進むべき別の道だと感じたようだ。300年以上前に嵩山少林寺系のお寺が日本に存在しており、それを再興することを目指した。

しかしそのお寺がどこなのか調べても埒が明かないので、嵩山少林寺を中心とした総合武術の道場を大阪に設立することを目標としている。

2013年08月に宝島社から『鎮魂 ~さらば、愛しの山口組』を出版、14万部以上のヒットとなった。盛力はこの本の中で自身の経歴、大阪戦争、中野太郎襲撃事件、宅見勝暗殺事件、六代目山口組クーデターなどについて語っている。

約50年間もの間ヤクザとして生活した盛力だが、長い懲役を務め上げて出所した頃のヤクザ社会は金権体質が蔓延しており、ついて行けなかったようだ。

盛力のような古い体質のヤクザは上手く立ち回れない時代になっていたのだろう、五代目・六代目山口組執行部から疎まれて不本意ながら山口組を去ることになる。

山口組分裂騒動で引退した組長が復帰したりしているが、どうやら盛力が復帰することは無さそうだ。

今後、盛力が山口組と神戸山口組のどちらかに肩入れすることはあるのか、設立を目指している総合武術の道場がどうなるのか、また太田守正の著書『血別』で盛力への批判がなされたが、それに対して反論するのかどうか、注目されるところである。


参考 盛力健児『鎮魂 ~さらば、愛しの山口組』宝島社 (2014/05/08)
参考 https://ja.wikipedia.org/wiki/盛力健児
参考 https://ja.wikipedia.org/wiki/盛力会
参考 https://zh.wikipedia.org/wiki/盛力會
参考 http://www.ammanu.edu.jo/wiki1/ja/articles/盛/力/健/盛力健児.html
参考 http://wikiyakuza.wiki.fc2.com/wiki/盛力会