IMG_5737

2019年04月08日、神戸山口組の定例会もしくは執行部会が開催され、舎弟頭補佐の太田興業『太田守正』組長は、太田興業と任侠山口組が親睦団体になることを発表した。ただし、神戸山口組本体との関係はそのままということで、完全な和解ではないようだ。

任侠山口組は、六代目山口組が分裂して神戸山口組が結成された後、2017年04月に神戸山口組がさらに分裂して結成された組織。神戸山口組と任侠山口組で分裂抗争状態になり、任侠山口組の織田代表が襲撃される事件も起こっていた。


スポンサーリンク


山口組分裂騒動に急展開! 任侠山口組と神戸山口組系太田興業が親睦団体へ !?
2019.04.09

(Business Journal) https://biz-journal.jp/2019/04/post_27423.html

山口組分裂騒動、あの「ミナミの練り歩き」にヤバい異変! 借金、西成、縄張り、地獄の未来… 六代目と神戸・任侠の一騎打ちへ!?
2019.04.11

(TOCANA) https://tocana.jp/2019/04/post_91852_entry.html

任侠山口組の野望は六代目復帰か!? カリスマ親分・太田組長と策士の織田代表の謀略をヤクザ幹部が暴露!
2019.04.18

(TOCANA) https://tocana.jp/2019/04/post_92643_entry.html

任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃
2019/04/23 06:00

(日刊ゲンダイ) https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/252439



このニュースのまとめ

  • 2019年04月08日、神戸山口組の定例会もしくは執行部会で、舎弟頭補佐で『太田興業』組長の太田守正(81)は、「私が今あるのは織田絆誠(52)氏のおかげ。今後、太田興業は任侠山口組といい付き合いをしていく」などと述べ、太田興業と任侠山口組が親睦団体になることが発表された。
  • 2019年04月09日、任侠山口組は関連組織に、「太田組長の熱い思いに応え、任侠山口組も太田興業とは仲間意識で接する。ただし、神戸山口組との関係は従来通り」などとする通達を出したとされる。
  • 太田興業と任侠山口組は、織田代表が神戸山口組から離脱する際、太田組長と密会して任侠に参加するよう誘っていたり、任侠山口組結成後も太田興業の幹部が任侠山口組の幹部と飲みに行くなど、以前から親密な関係にあったとみられている。