izumi1

2019年11月11日、大阪市北区にある梅田の繁華街で、売春目的で客待ちをしている女性の周辺をパトロールしたとして、六代目山口組『二代目章友会』幹部が売春防止法違反の疑いで逮捕された。

幹部は巡回して警察が居ないか様子を窺ったり、女性にトラブルがあった時に対処するなど、用心棒をしていたとみられていて、売春目的の女性から現金を受け取っていた可能性があるという。

2020年12月05日、大阪の梅田にある泉の広場で売春相手を探していた立ちんぼ計61人が、去年05月~今年02月の間に現行犯逮捕されていたことが分かった。昨年に逮捕されていた二代目章友会幹部らは、今回摘発された立ちんぼから場所代を徴収していたという。


スポンサーリンク


売春手助け疑い 暴力団幹部逮捕
2019年11月11日 17時08分

oki1

(NHK NEWS WEB) https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20191111/2000022278.html

売春目的の女性の用心棒?暴力団幹部の男逮捕
2019/11/11 19:43

(朝日放送) https://www.asahi.co.jp/webnews/pages/abc_3851.html


(追記)

売春客待ち疑い、61人逮捕 大阪「泉の広場」17~64歳
2020年12月5日 13:15

(日本経済新聞) https://www.nikkei.com/article/DGXMZO67050560V01C20A2000000

17歳から64歳の女性ら61人現行犯逮捕 売春相手を探したとして 大阪・梅田「泉の広場」
2020/12/07 20:13

(朝日放送) https://www.asahi.co.jp/webnews/pages/abc_8762.html



このニュースのまとめ

  • 2019年11月11日、六代目山口組『二代目章友会』幹部の興岩光(63)が、売春防止法違反などの疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2019年08月下旬に大阪府大阪市北区にある繁華街の路上で、客待ちをしている売春婦の女性(20代)の周辺を巡回し、客待ち行為をしやすくした疑い。
  • 女性は「警察官が居ないか警戒してもらったり、客とのトラブルから守ったりしてもらう為だった。見返りとして現金を手渡す約束をしていた」などと話しているということで、二代目章友会が組織的に売春をシノギにしている可能性があるとみられている。
  • 2020年12月05日、大阪府大阪市北区の梅田の地下街『Whityうめだ』にある『泉の広場』やその付近で、2019年05月~2020年02月までの間に、売春相手を探したとして立ちんぼをしていた女ら計61人(17~64・大阪府、京都府、兵庫県、香川県、長崎県など)が、売春防止法違反の疑いで現行犯逮捕されていたことが分かった。
  • 立ちんぼは街角に立って客待ちをし、売春相手を探す売春婦。逮捕された立ちんぼは学生、会社員、主婦、風俗従業員などで、借金返済や生活費、遊興費などが目的だったという。
  • 立ちんぼに売春をさせていたとして逮捕されていた、二代目章友会幹部の興や半グレの男は、立ちんぼから1人当たり1日5000円、約5箇月間で計約2250万円の場所代を徴収していたとみられている。
  • 地下街のWhityうめだは1963年に開業し、泉の広場は1970年に設置された。泉の広場は梅田の待ち合わせスポットとして有名な一方、近くにラブホテルがあることなどから、数10年前から立ちんぼが売春をしており、大阪で最大級の立ちんぼスポットでもあった。2019年12月に泉の広場のエリアがリニューアルし、シンボルだった噴水は撤去された。
  • 泉の広場エリアでの立ちんぼの一掃は長年の課題だったとみられていて、地元の商店主などからの苦情も多かったという。



 ⇒ 関連記事