神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は神戸山口組と任俠団体山口組を中心に、山口組分裂騒動や暴力団組織について研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

カテゴリ: その他

arakaki2

2021年01月26日、宿泊客の男性を牛刀で切り付けたとして、元旭琉會系組長でゲストハウス経営の男が暴力行為等処罰法違反の疑い逮捕された。元組長は自身が経営するゲストハウスの客が料理に大量のコショウをかけていることに腹を立て、犯行に及んだとみられている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

kunren2

2020年12月17日、愛知県警は先月に兵庫県で神戸山口組系組長らが銃撃された事件を受け、暴力団の抗争をシミュレーションした訓練を名古屋市内で実施した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

noda1

2020年11月19日、自宅で拳銃と実弾を所持していたとして、六代目山口組『三代目弘道会』関係者でAVスカウト業の男らが銃刀法違反の疑いで逮捕された。男は12月08日、大麻リキッドを所持していた疑いでも逮捕された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

tyun1

2020年11月02日までに、違法賭博場を開き負けた客を監禁して指を切断したとして、ベトナム人の男ら7人が強盗傷害などの疑いで逮捕された。男らは場所を変えながら賭博場を開き、負けた客に対し返済の目処が立つまで監禁し、暴行するなどを繰り返していたとみられている。

2020年11月24日、指名手配されていたベトナム人1人が、警察署に出頭して逮捕された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

realt1

2020年08月31日までに、居酒屋で口論になった男性を車で連れ去り集団で暴行したとして、大阪の半グレ『リアルグループ』リーダーや、メンバーでラッパーのREAL-Tなど、4人が逮捕監禁などの疑いで逮捕された。

REAL-Tは大阪市生野区出身のラッパーで、Youtubeで公開したミュージックビデオが100万回視聴を超えるなど、いま注目されている若手ラッパーの1人だった。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

seto

2020年09月02日、六代目山口組の司忍組長の自宅付近で爆竹を鳴らして警察を不要に出勤させたとして、会社員の男が偽計業務妨害の疑いで逮捕された。司忍組長宅から約100mの場所で爆竹を鳴らし、近隣住民が発砲音と間違えて通報し、警察が大量に出動したという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

gokuraku1

2020年08月31日までに、SNSで顧客を募り大麻を密売していた、大麻密売グループ『大麻極楽協会』会長を含むメンバー7人が、大麻取締法違反の疑いで逮捕された。このグループはSNS上で最大級の大麻密売グループだとみられていて、グループから大麻を購入した客ら28人も摘発されている。

2021年01月13日、逮捕されていた大麻極楽協会のリーダー格の女が、麻薬特例法違反の疑いで再逮捕された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

amano6

2020年06月26日までに、知人男性を脅して金を要求したとして、六代目山口組直参だった『天野組』元組長が恐喝未遂の疑いで逮捕された。天野元組長は過去に男性に金を貸していて、その返済を迫ったということのようだが、男性はすでに借金を返済していたという。

2020年07月15日付で、天野元組長は不起訴処分となった。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

tamasawa2

2019年12月10日、防衛庁長官や農水大臣などを歴任した自民党元衆議院議員の玉沢徳一郎さんが、岩手県盛岡市にある自宅で知人の男に銃撃され、ケガを負った。命に別条はなかった。その後、知人の男は拳銃を持って自首し、逮捕された。

男が開設したとみられるサイトによると、男は玉沢さんの高校時代の同級生で、玉沢さんの選挙運動に関わっていた時期があるが、過去の選挙資金を巡ってトラブルになっていたという。サイト上でトラブルの経緯を記し、「神農道では、この様な金は、命が担保」などの強い口調で、玉沢さんへの恨みを表明していた。

2020年03月23日、逮捕されていた同級生の男の初公判が開かれた。男は起訴内容を認め、検察は懲役6年を求刑した。04月07日、同級生の男の判決公判が開かれ、裁判長は懲役5年の判決を言い渡した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

akafuku2

2020年02月19日、赤福餅で有名な三重県伊勢市の老舗和菓子屋『赤福』のグループ会社である酒造メーカー『伊勢萬』が、10年以上のあいだ六代目山口組系組織に焼酎などのお酒を計約8000本販売していたことが発覚した。そのうち約半数は代紋や名古屋弘道会などの文字が記載された特製品だったという。

赤福の浜田益嗣会長が交際していた六代目山口組系幹部から依頼を受け、会長が直接受注して取引していたことが判明し、浜田会長は責任を取り赤福会長や親会社『浜田総業』社長など全ての役職を辞任した。

この代紋入りの焼酎は、2019年12月に骨董店で代紋入りの空き瓶を入手した男が赤福へ瓶を持ち込み、会社から現金を脅し取ろうとする事件が発生して明るみに出た。男は恐喝未遂の疑いで起訴され、02月25日の初公判で懲役1年6箇月が求刑され、03月09日に懲役1年の実刑判決が言い渡された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ