組織図7

2016年02月01日までに出揃っている情報を基に、神戸山口組の組織図を製作した。


スポンサーリンク


神戸山口組の組織図 (年齢は2015年09月時点)

【組長】 井上邦雄(67歳) 四代目山健組組長・兵庫県神戸市
 
【副組長】 入江 禎(71歳) 二代目宅見組組長・大阪府大阪市
【若頭】 寺岡 修(66歳) 侠友会会長・兵庫県淡路市
【舎弟頭】 池田孝志(70歳) 池田組組長・岡山県岡山市
【総本部長】 正木年男(68歳) 正木組組長・福井県敦賀市
【本部長】 毛利善長(75歳) 毛利組組長・大阪府吹田市
【舎弟頭補佐】 藤原健治(70歳) 三代目熊本組組長・岡山県玉野市 
【舎弟頭補佐】 太田守正(78歳) 太田興業組長・大阪府大阪市
【若頭代行】 織田絆誠(49歳) 邦道連合総長・大阪府大阪市 
【若頭補佐】 剣 政和(51歳) 二代目黒誠会会長・大阪府大阪市
【若頭補佐】 池田幸治(48歳) 四代目真鍋組組長・兵庫県尼崎市 
 
【顧問】 奥浦清司(72歳) 奥浦組組長大阪府東大阪市
【舎弟】 岡本久男(70歳) 二代目松下組組長・兵庫県神戸市
【舎弟】 宮下和美(68歳) 二代目西脇組組長・兵庫県神戸市
【舎弟】 安岡俊蔵(68歳) 誠会会長・大阪府大阪市 
【舎弟】 須之内祥吾(63歳) 二代目東生会会長・大阪府大阪市
【舎弟】 竹森竜治(65歳) 四代目澄田会会長・大阪府大阪市 

【組長秘書】 清崎達也(46歳) 四代目大門会会長・熊本県熊本市
【組長秘書】 高橋久雄(54歳) 雄成会会長・京都府京都市

【若中】 藤田恭道(43歳) 二代目英組組長・大阪府大阪市
【若中】 古川恵一(55歳) 二代目古川組組長・兵庫県尼崎市
【若中】 大澤忠興(??歳) 三代目山川組組長・茨城県石岡市 
【若中】 小嶋恵介(67歳) 二代目中野組組長・大阪府堺市

【幹事】 平良辰雄(奥浦組若頭・雄心会会長)
【幹事】 薮内秀宝(侠友会若頭・修心會会長)
【幹事】 高木 昇(池田組若頭・昇伸会会長)
【幹事】 竹内匡史(正木組若頭代行・竹正会会長)
【幹事】 安東 哲(毛利組副組長・安東組組長)
【幹事】 中島俊明(二代目松下組副組長・中島会会長)
【幹事】 岡田 豊(二代目西脇組若頭兼舎弟頭・岡田興業組長)
【幹事】 神田清正(二代目黒誠会若頭・神田組組長)
【幹事】 北山智紀(雄成会若頭代行・三代目地蔵組組長)
【幹事】 辻田尚樹(四代目大門会若頭・二代目清崎組組長)
【幹事】 幅多潤也(四代目真鍋組若頭・二代目池田会会長)
【幹事】 本田小政(四代目山健組顧問・小政組組長)
【幹事】 大下秀夫(四代目山健組相談役)
【幹事】 金村修治(侠友会舎弟頭・金村組組長)
【幹事】 前川勝優(奥浦組舎弟頭補佐・四代目札幌勝連合会会長)
【幹事】 酒井康夫(四代目山健組舎弟・酒井組組長)
【幹事】 菅原秀雄(奥浦組本部長・二代目清華連合会長)
【幹事】 井上憲生(侠友会本部長・六代目諏訪一家総長)
【幹事】 永井幹人(正木組本部長・永井組組長)
【幹事】 福原辰広(四代目山健組舎弟・邦楽會会長)
【幹事】 元満志郎(四代目山健組舎弟・二代目安倍組組長)
【幹事】 前谷祐一郎(池田組副組長・功龍會会長) 


参考 https://ja.wikipedia.org/wiki/神戸山口組
参考 http://wikiyakuza.wiki.fc2.com/wiki/神戸山口組
参考 https://twitter.com/Caponefukuoka/status/640730190054748160


2015年09月に神戸山口組が発足した当初は本家組長+直参で14人でのスタートだった。

2015年10月15日、絶縁されていた元六代目山口組若中の『二代目英組』組長・藤田恭道が神戸山口組若中で復帰、除籍されていた元六代目山口組『三代目小車誠会』幹部の『安岡組』組長・安岡俊蔵が『誠会』を結成して神戸山口組舎弟で復帰、2人の直参が増えた。

2015年10月23日、除籍されていた元六代目山口組若中の『二代目東生会』会長・須之内祥吾が神戸山口組舎弟で復帰、除籍されていた元六代目山口組若中の『四代目澄田会』会長・竹森竜治が神戸山口組舎弟で復帰、2人の直参が増えた。

2015年11月20日、六代目山口組幹部の『三代目熊本組』組長・藤原健治が神戸山口組へ移籍して神戸山口組舎弟に就任、1人の直参が増えた。

2015年12月09日、六代目山口組若中の『二代目古川組』組長・古川恵一が神戸山口組へ移籍して神戸山口組若中に就任、1人の直参が増えた。

2015年12月10日、引退していた元六代目山口組『芳菱会』舎弟の『大澤組』組長・大澤忠興が『三代目山川組』を継承して神戸山口組若中で復帰、1人の直参が増えた。

2016年01月08日、引退していた元六代目山口組『中野組』若頭の小嶋恵介が『二代目中野組』を継承して神戸山口組若中で復帰、1人の直参が増えた。

2016年01月16日、神戸山口組『四代目山健組』相談役の『太田興業』組長・太田守正が内部昇格で神戸山口組舎弟に就任、1人の直参が増えた。

2016年01月20日、舎弟の『太田興業』組長・太田守正が舎弟頭補佐に、舎弟の『三代目熊本組』組長・藤原健治が舎弟頭補佐に、若中の『四代目真鍋組』組長・池田幸治が若頭補佐に就任。

2016年02月01日現在の情勢は本家組長(1人)+発足当初の直参(13人)+新たに加入した直参(9人)で合計23人となった。

2015年10月08日の定例会で新しい役職として幹事21人を二次団体の最高幹部から起用、その後に1人増えて幹事は合計22人となっている。

※ 一時期『三代目鈴秀組』組長・権藤聡と『四代目竹中組』組長・大西正一が神戸山口組の直参になったという情報が流れていたが、現在の時点では確認できていない。


拠点“淡路島”「神戸山口組」を立ち上げか
2015年9月6日 12:08

(日テレNEWS24) http://www.news24.jp/articles/2015/09/06/07308837.html

溝口敦氏が緊急リポート 「神戸山口組」これが人事一覧と掟だ
2015年9月8日

(日刊ゲンダイ) http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/163481/

神戸山口組、仁義なき「リクルート作戦」 組長4人が相次ぎ復帰、組織拡大へ着々
2015.11.05

(zakzak by 夕刊フジ) http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20151105/dms1511051550006-n1.htm

神戸山口組:14都道府県に幹部39人配置 勢力を拡大
2015年11月07日 15時00分

(毎日新聞) http://mainichi.jp/select/news/20151107k0000e040237000c.html


この人事について (2015年09月09日執筆分)

組長に井上邦雄(四代目山健組組長)、副組長に入江禎(二代目宅見組組長)、若頭は寺岡修(侠友会会長)という、ここまでは既にささやかれていた人事だ。

総本部長に正木年男(正木組組長)、本部長に毛利善長(毛利組組長)、総本部長と本部長の違いがイマイチよく分からないが、本部長は総本部長を補佐する役割なのだろうか。

毛利組長は四代目山口組と五代目山口組で総本部長だった岸本才三を支え、六代目山口組では総本部長補佐、総本部事務局長を歴任した事務方のスペシャリストのようだ。

舎弟頭に池田孝志(池田組組長)、顧問に奥浦清司(奥浦組組長)、舎弟に岡本久男(二代目松下組組長)、同じく舎弟に宮下和美(西脇組組長)。このあたりも、年齢から考えると妥当なところなのだろう。

若頭補佐に剣柾和(黒誠会会長)、同じく若頭補佐に織田絆誠(織田一家総長)、この織田というのは四代目山健組の幹部で、将来が期待されていた人物のようだ。元々は邦尽会という組を率いていたが、山健組の幹部になる頃には組織を代替わりさせ、自身は一人親方になっていた。

今回、神戸山口組の直参になるにあたって織田は織田一家という組織の組長という情報があるが、邦尽会などの織田一門をまとめて山健組から独立させたのか、織田一家は形だけで今も一人親方なのかどうかは分からない。

若中に池田幸治(四代目真鍋組組長)、同じく若中に高橋久雄(雄成会会長)、同じく若中に清崎達也(大志会会長)という人事で、神戸山口組は組長+直参で14名のスタートとなった。



山口組の分裂「百年の修羅」〝菱の代紋〟はなぜ割れたのか!?