【逮捕】1800年代製造の“古式銃”違法に所持か…暴力団幹部の男

2023年11月28日までに、自宅で拳銃や刀などを違法に所持したとして、住吉会系幹部が銃刀法違反などの疑いで逮捕された。幹部が所持していた銃は1800年代にアメリカで作られたもので、刀は安土桃山時代に作られたものだということで、美術品として価値のあるものだという。


スポンサーリンク


古式の銃など違法に所持か 暴力団員逮捕 入手ルートなど捜査
2023年11月28日 13時11分

(NHK) https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20231128/1000099521.html

1800年代製造の「シャープス銃」 安土桃山時代の刀など所持した疑い 暴力団幹部を逮捕
2023年11月28日(火) 14:11

(TBS) https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/861541?display=1

1800年代製造の“古式銃”違法に所持か、暴力団幹部の男を逮捕 安土桃山時代とみられる刀も
2023年11月28日 16:17



(日本テレビ) https://news.ntv.co.jp/category/society/137ba4eb9d154d7b90cb15e78eb74c18

暴力団員が江戸時代のライフル銃など無許可所持か 桃山時代の槍も
2023/11/28 18:58



(テレビ朝日) https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000325981.html


このニュースのまとめ

  • 2023年11月28日までに、住吉会『四代目中村会』幹部の大島克之(51・東京都台東区)が、銃刀法違反(所持)などの疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2023年07月20日、東京都教育委員会の許可を得ず、自宅でライフル銃1丁(全長99.3cm)、日本刀の脇差し1本(刃渡り53.9cm)、槍1本(刃渡り31.7cm)を無許可で所持した他、08月07日には東京都立川氏にある組事務所で散弾銃の実弾375発、銃用の雷管121個、無煙火薬約105gを所持した疑い。
  • 警察が別の事件の捜査で大島の自宅や事務所を家宅捜索したところ、拳銃などが発見されたという。
  • 鑑定の結果、ライフル銃は1800年代にアメリカで製造された『シャープス銃』と呼ばれる古式銃で、幕末に日本に持ち込まれたものとみられている。刀と槍は安土桃山時代に作られたものとのことで、いずれも古美術品として高い価値があるという。
  • 銃や刀剣類は一定の条件を満たし、自治体の教育委員会で登録手続きを経て、認められれば自宅などで合法に所持することができる。
  • 警察の取り調べに対し、大島は「自分の物で間違いない」などと供述しているという。警察は、入手した経緯や所持の目的、組の関与などを調べている。


ジギリ 組織に身体を懸けた極道人生


スポンサーリンク