神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は神戸山口組と任俠団体山口組を中心に、山口組分裂騒動や暴力団組織について研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:アビス

IMG_6733

2019年11月06日、未成年の男性を集団で暴行したとして、大阪の半グレ『アビス』リーダーら7人が傷害の疑いで逮捕された。男性はアビスメンバーの妹と交際していたが、何らかのトラブルがあり、制裁を加えられたとみられている。続きを読む

IMG_5232

2019年05月20日、半グレグループ『アビス』元リーダーの男が、風営法違反などの疑いで書類送検された。送検容疑は元リーダーが経営する大阪の京橋にある居酒屋で、22時以降に18歳未満の少女らにJR京橋駅付近でのキャッチや、店内の接客などをさせたというもの。半グレのアビスはすでに解散しているが、再結集の動きもあるとみられている。

2019年08月23日付で、書類送検されていたアビス元リーダーが、不起訴処分となった。続きを読む

IMG_5538

2018年12月までに、大阪のミナミを中心に活動する半グレグループ『アビス』のメンバー50人以上が摘発されていたことが分かった。アビスは大阪で最大規模の半グレ集団だとされていて、ぼったくりバーの経営や、対立組織のメンバーを襲撃するなどの事件を起こしている。

2019年01月23日、アビスのナンバー2の判決公判が開かれ、裁判長は懲役2年6箇月・執行猶予4年の判決を言い渡した。02月04日までに、アビス幹部ら3人が出頭して逮捕された。これまでにアビスではリーダー1人と幹部12人全員を含む計59人が逮捕や検挙されていて、グループはほぼ壊滅状態だとみられている。

2019年03月26日、リーダーを含め逮捕されていたメンバーのほとんどが釈放されたとみられていて、アビスが別のグループ名で復活する兆しがあるとされる。

2019年04月04日、暴行や凶器準備結集などの罪で起訴されていた、半グレ『アビス』のリーダーの判決公判が大阪地裁で開かれ、裁判長は懲役2年6箇月・執行猶予5年の判決を下した。続きを読む

IMG_4735
半グレ『アウトセブン』のリーダー格とされる元格闘家

2018年10月までに、大阪の半グレグループ『軍団立石・米谷グループ・アウトセブン・アビス』の、計4団体のトップが逮捕された。半グレ集団はクラブの客に暴行を加えて金を奪ったり、暴力団とつるんで飲食店にみかじめ料を要求するなどしていた。警察は一部の団体を準暴力団と認定し、実態解明や摘発を進めている。

 ⇒ 関連記事 
大阪ミナミの半グレ『アビス』のメンバー50人以上を逮捕 続きを読む

↑このページのトップヘ