神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は山口組分裂騒動を中心に、暴力団組織、反社会勢力、半グレ、それらに関連する事件などについて研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:ジャーナリスト

弁護士業務を妨害で男逮捕 「暴力団使っている」と手紙送り

2022年11月24日までに、知り合いの弁護士の会社などに、暴力団との関係を書いた手紙を送ったとして、情報サイトを運営するジャーナリストの男が逮捕された。このジャーナリストは以前にも同じ弁護士に「暴力団との関係を書いたビラを撒かれたくなければ6億円払え」などと脅し、執行猶予判決を受けていた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

suzuki11

2021年09月、暴力団をテーマとした著書を多数発売している、ジャーナリストの鈴木智彦さんが、鈴木さんの記事で名誉を毀損されたとする経営者の男性に訴えられ、敗訴した。

経営者の男性は、自身を元組員だとする偽の破門状を暴力団にばら撒かれ、生活に支障をきたし、鈴木さんがその破門状を記事で取り上げたことで名誉毀損されたと訴えていた。

鈴木さんは約30年にわたって暴力団を取材しており、実話系雑誌『実話時代BULL』編集長を務めるなど、暴力団取材ジャーナリストのニューリーダーの一人。主な著書に『我が一家全員死刑』、『ヤクザ1000人に会いました!』、『潜入ルポ  ヤクザの修羅場』、『ヤクザと原発  福島第一潜入記』、『サカナとヤクザ』などがあり、『我が一家全員死刑』は映画化もされている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4520
生島マリカ氏に提訴された溝口敦氏

ブログの仕様で記事が長いと送信に失敗して反映されないので、記事を分割します。


 ⇒ この記事の前半はコチラ 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4520
生島マリカ氏に提訴された溝口敦氏

2016年03月02日、作家の生島マリカが、暴力団に詳しいジャーナリストの第一人者である溝口敦の記事で名誉を毀損されたとして、溝口敦と日刊ゲンダイを相手に訴訟を起こした。生島マリカは過酷な生い立ちを自叙伝として発売した作家。元プロ野球選手の清原和博の元恋人としてインタビューに答えたり、テレビ番組などにも出演していた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

↑このページのトップヘ