神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は神戸山口組と任俠団体山口組を中心に、山口組分裂騒動や暴力団組織について研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:ボディーガード

takizawa

2016年07月14日、ボディーガードに拳銃を所持させた容疑で裁判が続いている、六代目山口組顧問だった芳菱会『瀧澤孝』元総長の3度目となる地裁の初公判が大阪地裁で開かれたという情報があった。下級審で無罪判決が出るが最高裁で差し戻され、20年近く判決が確定しない異例の事態となっている。

2017年01月23日、瀧澤孝元総長の3度目となる地裁の裁判が大阪地裁で開かれ、検察官は懲役10年を求刑し、弁護士はあらためて無罪を主張して結審した。03月24日、瀧澤孝元総長の判決公判で、裁判長は懲役6年の判決を言い渡した。7度目の審理でついに有罪判決となった。

2018年01月30日、瀧澤孝元総長の3度目となる高裁の初公判が大阪高裁で開かれ、弁護側は有罪となった3度目の大阪地裁判決の破棄を求めた。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

image

2017年09月12日10時頃、兵庫県神戸市長田区の路上で任侠山口組『織田絆誠』代表が乗っているとみられる車列が襲撃され、ボディーガード役の楠本勇浩組員が拳銃で頭を撃たれて死亡する事件が発生した。犯人は現場から逃走、警察が抗争による殺人事件として捜査している。

2017年09月15日、事件があった現場に任侠山口組の織田絆誠代表らが訪れ、亡くなった楠本組員を追悼した。09月16日には事件に使われたとみられる回転式拳銃2丁が、神戸市北区山田東下のバス停付近の歩道脇にあった小さなカバンから発見された。

 ⇒ 最新記事 
任侠山口組『織田絆誠』代表ボディーガード銃撃事件、神戸山口組『山健組』系組員を指名手配
 ⇒ 関連記事 
任侠山口組『織田絆誠』代表ボディーガード銃撃事件、要点まとめ続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

2017-09-14-19-54-35

2017年09月12日10時頃に兵庫県神戸市長田区で任侠山口組の織田絆誠代表が襲撃され、ボディーガード役の組員が射殺された事件の流れと、今でている情報をおおまかに整理した。

 ⇒ 最新記事 
任侠山口組『織田絆誠』代表ボディーガード銃撃事件、神戸山口組『山健組』系組員を指名手配
 ⇒ 前回の記事 
任侠山口組『織田絆誠』代表が事件現場で亡くなった組員を追悼、ボディーガード銃撃事件続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ