神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は神戸山口組を中心に、山口組分裂騒動や暴力団組織について研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:事務所

兵庫県

2017年04月21日、兵庫県は商業地域に暴力団事務所を置くことができないよう、暴力団排除条例を改正する方向だという情報があった。学校や公共施設の周辺200m以内など現行の禁止要件以外に、神戸市や尼崎市などの商業地域を禁止区域に加える方向だという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

yoshida2

六代目山口組『三代目弘道会』傘下で神奈川県厚木市にある『吉田総業』の旧事務所を巡る裁判で、東京高裁は旧事務所を使った場合1日100万円の支払いを組員に課すという判決を下したという情報があった。吉田総業の旧事務所は2016年02月にトラックが突っ込んでおり、まだ事務所として機能していると判断されたようだ。

2017年03月31日付で、吉田総業の現在の事務所にも使用差し止めを命ずる仮処分が出された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ichidokai

2016年10月13日、六代目山口組の二次団体で福岡市中央区にある『一道会』の事務所が解体・撤去されたという情報があった。山口組の分裂以後、一道会の事務所では神戸山口組系組織によって火炎瓶が投下される事件が発生していた。この事件もあって近隣住民が暴追センターを介して事務所の使用禁止を求める仮処分を福岡地裁に申請、その後に地裁が仮処分を認めたため一道会は事務所を使うことが困難となっていた。

一道会は近隣住民に「引越します、事務所は業者が解体します」と伝え、事務所を解体し撤去した。一道会は福岡市博多区にある六代目山口組系組織の元事務所を取得しており、そこへ移転したのではないかと示唆されている。

2017年01月24日、一道会の事務所が移転した福岡市博多区の場所は小学校から200m以内にあるため、六代目山口組若中で『一道会』会長の一ノ宮敏哲ら計16人が福岡県暴力団排除条例違反の疑いで逮捕された。02月02日には関係先として六代目山口組の総本部に家宅捜索が入った。

2017年02月14日、一道会会長の一ノ宮敏哲が起訴され、他の15人は処分保留で釈放した。2017年03月27日、福岡地裁で一ノ宮敏哲の判決公判が開かれ、裁判長は懲役9箇月、執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

Kobe

神戸山口組の総本部は、今回絶縁された組のひとつである『侠友会(寺岡修会長)』の事務所を使用するようだ。

侠友会は兵庫県の淡路島にあり、神戸山口組の拠点は淡路島になると思いきや、あくまで連絡場所という扱いの可能性もあるとのこと。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ