神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は山口組分裂騒動を中心に、暴力団組織、反社会勢力、半グレ、それらに関連する事件などについて研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:井上邦雄

20150906-132837-1-0004

2022年08月20日未明、神戸山口組の井上邦雄組長の親族が関係するとみられる、兵庫県神戸市の繁華街である三宮の近くにある飲食店に、車が突っ込む事件が発生した。犯人は逃走中で、捕まっていないが、六代目山口組と神戸山口組の抗争の可能性もあるとみられる。

9月08日、この事件の実行役だとみられる六代目山口組『五代目山健組』系組員ら2人が逮捕され、10月12日には指示役だとみられる六代目山口組『五代目山健組』系組長が逮捕され、10月26日にも組員1人が逮捕されている。

五代目山健組は、神戸山口組の井上組長の出身母体で、神戸山口組の中核組織だったが、2020年07月に神戸山口組を離脱し、2021年09月に六代目山口組へ復帰していた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

tsukasa22

2022年06月05日昼過ぎ、神戸山口組の井上邦雄組長の兵庫県神戸市にある自宅に、銃弾が撃ち込まれる事件が発生した。ケガ人はなく、直後に六代目山口組『三代目弘道会』系組員が拳銃を持って出頭し、逮捕された。

ここ最近、若頭の寺岡修(侠友会)会長の関係先が銃撃されたり、副組長の入江禎(二代目宅見組)組長の自宅に車が突っ込んだり、井上邦雄組長と関係があるとみられる飲食店のガラスが割られたりするなど、神戸山口組の最高幹部らに向けた攻撃が増えていた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

inouekunio24

2022年03月11日、神戸山口組系組員らに特殊詐欺の被害にあった京都府の高齢女性ら6人が、神戸山口組の井上邦雄組長らに使用者責任があるとして、井上組長ら3人を相手に損害賠償を求めて提訴した。高齢女性らは神戸山口組系組員らの特殊詐欺グループに、それぞれ50~100万円を騙し取られていた。

2022年06月13日、両者の間で和解が成立した。神戸山口組側が高齢女性らに謝罪し、和解金約318万円を支払った。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

inoue24

2021年12月08日までに、東京都内の風俗営業禁止区域でメンズエステ店を営業したとして、神戸山口組系組長ら9人が風営法違反の疑いで逮捕された。関係先として、神戸山口組の井上邦雄組長の自宅に捜索が入った。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

バナー-山健組-01

2021年09月16日、神戸山口組を離脱していた五代目山健組が、六代目山口組に復帰すると報じられた。五代目山健組は六代目山口組⇒神戸山口組⇒独立組織という所属組織の変更を経て、六代目山口組に出戻る形になった。

山口組は100年以上の歴史の中で、山口組本家から絶縁処分された組長が率いた組織が、そのままの組織名で復帰するのは初のこととなる。

神戸山口組では、五代目山健組の他にも直系組織の離脱や直系組長の引退などが相次いでいて、組織の中核だった五代目山健組が六代目山口組に復帰することで、さらに苦境に立たされるとみられている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

yamaken2

2020年07月10日、神戸山口組の中核組織である五代目山健組が、神戸山口組から離脱したのではないかと報じられた。情報は錯綜していて、五代目山健組が丸ごと神戸山口組から離脱したという話と、五代目山健組が分裂して複数の傘下団体が離脱するという話の2パターンが出ている。

2019年08月に六代目山口組『三代目弘道会』神戸事務所の前で組員が銃撃されて亡くなる事件が発生していて、12月にこの事件の実行犯として五代目山健組の中田浩司組長が逮捕されていた。中田組長は拘留中で社会不在になっていたが、拘置所から脱退の意思を示したという。離脱に反対する五代目山健組の幹部ら計20人は神戸山口組に残留した。

五代目山健組は分裂し、離脱して独立組織となった五代目山健組と、神戸山口組に残留した新生山健組に分かれ、2つの山健組が並立する事態となった。独立組織となった五代目山健組は六代目山口組への復帰を模索してるという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

警察庁

兵庫県公安委員会は両山口組のトップから意見聴取する予定だという情報があった。六代目山口組は3年で切れる指定暴力団を更新するため、神戸山口組はまだ指定暴力団に指定されていないため、意見聴取をしてから指定する予定だったが、両団体とも意見聴取に出席しなかった。

2016年04月15日、兵庫県公安委員会は神戸山口組を指定暴力団に初めて指定し、今日の官報に公示された。ついに神戸山口組は指定暴力団となった。06月13日、兵庫県公安委員会は六代目山口組を9回目となる指定暴力団に指定し、今日の官報に公示された。両団体ともに今後も抗争事件が続けば、より厳しい規制が可能になる『特定抗争指定暴力団』への指定も検討される。

2018年02月01日、兵庫県公安委員会は任侠山口組を指定暴力団に指定する方針を固めた。02月26日に任侠山口組から意見聴取し、03月にも指定するとみられている。02月26日、任侠山口組から意見聴取する予定だったが、組側は意見聴取を欠席した。03月22日、兵庫県公安委員会は任侠山口組を指定暴力団に指定し、今日の官報に公示された。

2018年12月07日、兵庫県公安委員会は神戸山口組の本拠地を、兵庫県淡路市志筑から兵庫県神戸市中央区二宮町に変更し、今日の官報に記載された。2019年04月09日、兵庫県公安委員会は神戸山口組を2回目となる指定暴力団に指定し、今日の官報に公示された。

2019年06月17日、兵庫県公安委員会は六代目山口組を10回目となる指定暴力団に指定し、今日の官報に公示された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4359

2017年06月20日午前、兵庫県稲美町にある神戸山口組の関連施設に、銃弾が撃ち込まれたような跡が発見された。警察に情報が寄せられて捜査員が調べたところ、弾痕が数箇所見つかったという。この施設は神戸山口組『井上邦雄』組長の別宅だとみられている。

2017年07月14日、神戸山口組『四代目山健組』系組員が証拠隠滅の疑いで逮捕された。逮捕容疑は住み込みをしていた組員が発砲事件の直後、外を確認した際に発見した空の薬莢5個を証拠品として提出せず、隠していたというもの。07月23日、新たに神戸山口組『四代目山健組』系組長と組員の計2人が証拠隠滅の疑いで逮捕された。

2018年05月21日、この事件の犯人として六代目山口組『四代目倉本組』若頭補佐とみられる男が銃刀法違反と建造物損壊の疑いで逮捕された。06月04日、指示役とみられる六代目山口組『四代目倉本組』幹部が逮捕された。06月21日、実行役とみられる六代目山口組『四代目倉本組』系幹部が逮捕された。07月23日、この事件で使用されたとみられる拳銃が大阪市天王寺区にあるロッカーから押収された。

2019年01月23日、六代目山口組『四代目倉本組』幹部ら3人の初公判が開かれ、2人はおおむね起訴内容を認め、1人は否認した。01月29日、六代目山口組『四代目倉本組』幹部ら3人の論告求刑公判が開かれ、検察は3人にそれぞれ懲役8年を求刑した。

2019年02月04日、六代目山口組『四代目倉本組』幹部ら3人の判決公判が開かれ、裁判長は3人にそれぞれ懲役7年の判決を言い渡した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4271
五代目山健組を継承した四代目山健組若頭の中田浩司五代目健竜会会長

2018年05月05日、神戸山口組の中核組織である四代目山健組が代替わりし、五代目山健組が発足すると発表されたことが分かった。 四代目山健組若頭で五代目健竜会会長の中田浩司が五代目山健組を継承するとみられている。

2018年05月16日、山健組の関連施設で五代目山健組の継承式が行われ、中田浩司が五代目山健組を継承した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

harada

ブログの仕様で記事が長いと送信に失敗して反映されないので、記事を分割します。

 ⇒ この記事の前半はコチラ 
会津小鉄会分裂事件 ① 神戸山口組『井上邦雄』組長や会津小鉄会(原田派)『原田昇』会長ら7人が不起訴 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

↑このページのトップヘ