神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は神戸山口組と任俠団体山口組を中心に、山口組分裂騒動や暴力団組織について研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:人事

ito2

2017年11月末、神戸山口組舎弟で『健心連合会』会長の伊藤寿邦が直参を降りたという情報があった。伊藤は三代目山口組『山健組』傘下『健心会』の出身で、健心会~二代目健心会で最高幹部を務めた後に除籍されていたが、2016年12月に健心連合会を結成して会長に就任し、神戸山口組舎弟として渡世に復帰していた。

2017年04月末に神戸山口組が分裂して任侠団体山口組(後に任侠山口組へ改名)が結成されると、伊藤は神戸山口組を離脱して任侠団体山口組に参加したが、その後に一転して神戸山口組へ出戻っていた。

今回、伊藤は神戸山口組の直参を降りる意向を示して神戸山口組舎弟を返上し、神戸山口組『太田興業』特別相談役もしくは相談役に就いたとみられている。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

Roku

2017年03月06日、六代目山口組が神戸市灘区にある総本部で定例会を開催し、執行部の人事を発表したという情報があった。幹部だった二代目竹中組『安東美樹』組長、四代目倉本組『津田力』組長、三代目一会『野村孝』会長の3人が若頭補佐に就任したとみられていて、4人に減っていた六代目山口組若頭補佐は7人となった。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

光安克明

2016年03月23日頃、六代目山口組の二次団体で福岡市博多区にある『光生会』が、同じく二次団体で福岡市中央区にある『二代目伊豆組』の傘下組織となることが分かった。

光生会の光安克明会長は六代目山口組若頭補佐と九州ブロック長を務める執行部の一員だったが、本家の役職を返上して二代目伊豆組の相談役か舎弟に就いたようで、異例の降格となっている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

組織図7

2016年02月01日までに出揃っている情報を基に、神戸山口組の組織図を製作した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

太田

2016年01月16日、神戸山口組『四代目山健組』相談役の『太田興業』組長・太田守正が神戸山口組の舎弟に昇格したという情報があった。 

太田守正は六代目山口組の直参だったが2008年に除籍されて引退、2015年12月に神戸山口組『四代目山健組』相談役として渡世に復帰していた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ