神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は山口組分裂騒動を中心に、暴力団組織、反社会勢力、半グレ、裏社会、それらに関連する事件や出来事などについて研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:任侠山口組

金澤成樹 指名手配

絆會(旧・任侠山口組)の金澤成樹若頭は、絆會の織田絆誠会長に30年以上も仕えて来た、織田会長の腹心で、絆會のナンバー2を務めている。

2020年09月、長野県宮田村で六代目山口組系組織へ移籍した自身の元部下を銃撃する事件を起こし、そのまま逃亡。指名手配されているが、現在も行方は分かっていない。 ※2024年02月に逮捕された

金澤若頭は、2022年01月に茨城県水戸市の組事務所で六代目山口組系幹部が銃撃されて亡くなった事件と、2023年04月に兵庫県神戸市のラーメン店で六代目山口組系組長が銃撃されて亡くなった事件の犯人ではないかとも言われている。

もし、金澤若頭が指名手配を受けて逃亡中にこれらの事件を起こしていたとしたら、伝説のヒットマンとして後世に語り継がれるほど吃驚仰天の所業である。

 ⇒ 長野県宮田村の銃撃事件で指名手配中の金澤若頭を逮捕 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4054

2023年12月13日付で、絆會の本部事務所を使用禁止とする仮処分を、大阪地裁が決定した。

六代目山口組から分裂して結成された神戸山口組がさらに分裂して結成された絆會(旧・任侠山口組)は、結成当初は兵庫県尼崎市にある傘下事務所を本部としていたが、使用禁止となり民間業者に売却されたため、2023年07月に大阪府大阪市にある組事務所が本部と認定されていた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

shimizu6

2022年05月10日昼、三重県伊賀市にある駐車場で、絆會の直系組長が何者かに銃撃される事件が発生した。組長は病院で手当てを受けていて、命に別条はないとみられる。犯人は逃走しており、警察が行方を追っている。

2022年05月14日昼、この事件の犯人とみられる六代目山口組『三代目一心会』系組員が出頭し、銃刀法違反の疑いなどで逮捕された。

2023年02月24日、六代目山口組『三代目一心会』系組員の裁判で、検察側は懲役18年を求刑し、03月20日の判決公判で懲役15年の判決が言い渡された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4544

2021年10月18日、絆會(旧・任侠山口組)の本部である、兵庫県尼崎市にある四代目真鍋組の組事務所が解体されることとなった。四代目真鍋組の組事務所は2018年に仮処分が決定され、使用が禁止されていた。組事務所は民間業者に売却され、12月に解体された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

指定暴力団『絆會』代表の自宅に車で突っ込み玄関など壊した男

2022年06月06日夜、兵庫県神戸市にある絆會の織田絆誠会長の自宅に、車が突っ込む事件が発生した。ケガ人は居なかった。その後、元六代目山口組系組員とみられる男が警察署に出頭し、逮捕された。

絆會の織田絆誠会長は、2015年08月に六代目山口組が分裂して神戸山口組が結成されると、神戸山口組に参加して最高幹部を務めた。神戸山口組の井上邦雄組長の腹心だったが、2017年04月に神戸山口組を離脱し、任侠団体山口組を結成。その後、任侠山口組~絆會と名称を変え、独立組織として活動している。 

2017年09月には織田代表の自宅付近で織田代表が乗る車の車列が襲撃され、ボディーガード役の組員が亡くなる事件も発生していた。

2022年09月28日、逮捕されていた元六代目山口組系組員の判決公判で、裁判長は懲役1年8箇月の判決を下した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

任侠山口組

2022年02月13日、職務質問していた警察官の胸を殴ったとして、絆會幹部の男が公務執行妨害の疑いで逮捕された。幹部は容疑を認めているという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image

四代目真鍋組の経歴。真鍋組は真鍋展朗初代が立ち上げた組織で、兵庫県尼崎市に本部を置いた。真鍋初代は1970年に三代目山口組の直系組長となり、仲里正秋二代目、管和己三代目、池田幸治四代目と継承されて行った。

池田四代目は六代目山口組 ⇒ 神戸山口組 ⇒ 絆會(旧・任侠山口組)と所属組織を変え、2020年08月に引退。四代目真鍋組は解散したとみられている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

furukawa14

2019年10月31日、兵庫県尼崎市にある任侠山口組『二代目古川組』事務所が、暴力団追放兵庫県民センターによって使用禁止を求める仮処分を神戸地裁に申請された。

兵庫県内では山口組の分裂抗争が多発していて、住民の間で不安が広がっていた。2019年05月には六代目山口組系組員が、二代目古川組事務所のシャッターを蹴って叫ぶ事件も発生していた。

二代目古川組は2015年12月に六代目山口組を離脱し、神戸山口組へ移籍。2017年04月に任侠山口組が結成されると、二代目古川組は分裂し、多数の組員が任侠山口組へ移籍。任侠山口組に移籍した組員も二代目古川組を名乗り、兵庫県尼崎市にある組事務所を乗っ取っていた。

2019年12月17日、神戸地裁は任侠山口組『二代目古川組』組事務所の使用を禁止する仮処分を決定した。絆會は本部として使用していた四代目真鍋組の組事務所も仮処分が命じられていて、本部に続いて拠点となる事務所が使えなくなった。

2021年09月13日、兵庫県尼崎市にある絆會(任侠山口組から改称)『二代目古川組』事務所は解体される予定だということが分かった。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4544

2018年06月28日、兵庫県尼崎市にある任侠山口組の本部『四代目真鍋組』事務所が、暴力団追放兵庫県民センターによって使用禁止を求める仮処分を神戸地裁に申請された。2017年09月に任侠山口組の織田絆誠代表が襲撃され、ボディーガード役の組員が銃撃される事件が発生しており、住民の間で不安が高まっていた。

2018年09月03日、神戸地裁は任侠山口組の本部について、組事務所としての使用を禁止する仮処分を決定した。

2020年04月16日、使用禁止となって以降も絆會(旧・任侠山口組)の本部事務所に組員が出入りしているとして、暴力団追放兵庫県民センターが神戸地裁に間接強制を申し立てた。10月15日に神戸地裁は間接強制を決定し、絆會が本部を使用すると1日に100万円の制裁金が課されることとなった。

2021年03月05日、絆會は神戸地裁の判決に不服を申し立てていたが、大阪高裁は絆會の不服申し立てを棄却した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image

2017年09月12日に発生した任侠山口組『織田絆誠』代表銃撃事件で、犯人として指名手配されている菱川龍己の交際相手の女が、2018年03月08日に犯人隠避の疑いで逮捕された。

この事件は、2017年09月12日に兵庫県神戸市長田区五番町3の路上で、織田代表が乗る車列が襲撃されボディーガード役の組員が亡くなった。09月16日に神戸山口組『四代目山健組』傘下『二代目一勢会』組員の黒木こと菱川龍己が指名手配されたが、いまだ行方は分かっていない。

2020年09月08日、逮捕されていた交際相手の女が不起訴処分となった。事件から約3年が経過したが、いまだ菱川龍己の行方は分かっていない。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

↑このページのトップヘ