神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は神戸山口組と任俠団体山口組を中心に、山口組分裂騒動や暴力団組織について研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:健國会

Kobe

2021年04月、六代目山口組『四代目山健組』若頭を務めた健國会の山本國春元会長が、亡くなったと伝えられた。71歳だった。

山本元会長は、六代目山口組『四代目山健組』で渉外委員長や若頭を務めた四代目山健組の最高幹部。2007年に発生した五代目多三郎一家総長襲撃事件の首謀者として2010年に逮捕され、地裁で無罪判決が出るも高裁で逆転有罪判決。最高裁で上告が棄却され、懲役20年が確定。2014年に渡世から引退していた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Kobe

2019年07月09日、神戸山口組『五代目山健組』幹部の『二代目健國会』会長ら3人が、恐喝の疑いで逮捕された。逮捕容疑は神戸市長田区の賃貸住宅から退去する際、所有者の女性を脅して退去費用を踏み倒したというもの。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

FullSizeRender

2018年10月23日夜、兵庫県神戸市長田区の路上で「拳銃の発砲音がした」と通報があり、拳銃を所持していた神戸山口組系組員が現行犯逮捕された。この組員は拳銃を2丁所持し、駆け付けた警察官に銃口を向けるなど危険な行為をしていた。この付近では2017年09月に、任侠山口組の織田代表の車列が襲撃される事件も起こっていた。

2018年11月13日、現行犯逮捕されていた神戸山口組系組員が、銃刀法違反の疑いで再逮捕された。12月03日、神戸山口組系組員が銃刀法違反罪(発射、所持)の罪で起訴された。12月04日、神戸山口組系組員が覚せい剤取締法違反の疑いで再逮捕された。

2019年06月05日、銃刀法違反や覚せい剤取締法違反の罪などで起訴されていた、神戸山口組系組員の初公判が開かれ、神戸山口組系組員は起訴内容を認めた。06月06日、論告求刑公判で、検察側は懲役12年を求刑した。

2019年06月07日、神戸山口組系組員の判決公判が開かれ、裁判長は懲役10年の判決を下した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4469

2018年06月06日、神戸山口組『五代目山健組』傘下『健國会』幹部の『平林会』会長ら5人が、恐喝未遂の疑いで逮捕された。逮捕容疑は組を抜ける際にトラブルになっていた元組員の男性を脅し、現金3000万円を要求したというもの。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017-10-04-01-59-43

2017年10月03日、神戸山口組『四代目山健組』傘下『五代目健竜会』と『健國会』と『與組』の幹部ら計4人が恐喝の疑いで逮捕された。逮捕容疑は神戸市中央区の三宮の飲食店などからみかじめ料を徴収していたというもので、山健組系幹部らは『三宮警備』と称してこれまでに2億円以上を集めていたとみられている。

この事件の関係先として神戸市にある四代目山健組、五代目健竜会、健國会、長田総業に家宅捜索が入った。最近になって名古屋や東京でもみかじめ料徴収の摘発が行われており、警察が本腰を入れてみかじめ料撲滅に力を入れているようだ。

2017年10月06日、この事件の関係先として神戸山口組の本部や連絡所に家宅捜索が入った。10月16日、新たに神戸山口組『四代目山健組』傘下『健國会』元組員が逮捕された。11月06日、逮捕されていた五代目健竜会幹部ら計4人が不起訴処分となった。

2017年12月18日、神戸市中央区の三宮でガールズバーなどを運営する2社が神戸山口組『四代目山健組』系組員に用心棒代の支払いを持ちかけ、これまでに合計約380万円を支払っていたとして、兵庫県公安委員会は兵庫県暴力団排除条例違反で2社と組員に金銭のやり取りをしないよう勧告した。

2018年03月07日、去年10月に逮捕された神戸山口組『四代目山健組』傘下『與組』幹部が、三宮の飲食店経営者からみかじめ料を脅し取ろうとしたとして、再び逮捕された。04月13日、神戸山口組『四代目山健組』系組員が、飲食店の用心棒をする見返りに現金を受け取っていたとして、兵庫県公安委員会は兵庫県暴力団排除条例に基づいて中止命令を出した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Kobe

2016年11月09日、神戸山口組『四代目山健組』傘下『健國会』若頭補佐の傘下『竹谷組』組長が強盗傷人と住居侵入の疑いで逮捕されたという情報があった。逮捕容疑は大阪府泉佐野市の知人男性の自宅に侵入して顔や腹を殴った疑い。以前からこの2人の間で金銭トラブルが発生していたようだ。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Kobe

2016年06月03日、最高裁で懲役20年が確定している元六代目山口組『四代目山健組』若頭で『健國会』会長だった山本國春が、"天皇の執刀医"に書いてもらった病気の診断書で、刑の執行が停止されていたことが分かった。

山本國春は2007年05月に発生した多三郎一家総長刺殺事件の首謀者として、2015年06月に最高裁で懲役20年が確定していたが、1年たった今も収監されていないようだ。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ