神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は山口組分裂騒動を中心に、暴力団組織、反社会勢力、半グレ、それらに関連する事件などについて研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:元ヤクザ

【速報】映画の舞台、清勇会「組事務所」が襲撃される!

2022年09月01日、大阪府堺市にある元二代目東組『二代目清勇会』の本部事務所が、何者かに荒らされる事件が発生した。二代目清勇会の川口和秀会長は、二代目東組の内紛で2022年03月に引退していた。二代目清勇会は解散し、組事務所は使われていなかった。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

20220801jiken1

2022年08月01日夕方、神奈川県厚木市の路上で、男性が元暴力団関係者の男に切られる事件が発生した。男性は日本刀のようなもので切られ、病院に搬送されたが命に別条は無いとみられる。犯人は逃走しており、警察が行方を追っている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

arakawa1

2022年06月20日、拳銃と実弾を所持していたとして、元六代目山口組系組員とみられる男が銃刀法違反の疑いで逮捕された。男は、先月にも覚醒剤を所持していたとして逮捕されていて、警察の捜査の過程で拳銃も見つかったという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

kawaguchi7

2022年06月、二代目東組副組長を務めた二代目清勇会の川口和秀元会長が、YouTubeチャンネル『KEI family』に出演した。川口元会長は02月に二代目東組から絶縁処分されて引退。今後の動向が注目されていた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

バナー-岸田総理-01

2018年03月23日、自民党の衆議院議員で党政調会長を務める岸田文雄さんと、元山口組系幹部が一緒に写った写真が流出したと、写真週刊誌『FRIDAY』が報じた。岸田さんは安倍内閣で約4年半も外務大臣を務め、ポスト安倍に有力視されている大物政治家で、2021年10月には内閣総理大臣となった。

一緒に写真に写る元山口組系幹部は、山口組の二次団体最高幹部・三次団体組長を務めた後、中野会副会長となった若野康玄(矢野康生)さんで、引退後は格闘技団体の会長などを務め、K-1などに選手を輩出している。

その後、若野さんはFRIDAYを発行する講談社を名誉毀損で提訴。判決で講談社に損害賠償の支払いが命じられ、若野さんは勝訴したとみられている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

wakano2

若野康玄さんは右翼活動を経て、三代目山口組『北山組』傘下組織で渡世入り。北山組若頭、益田組舎弟頭、中野会副会長などを歴任し、2002年に引退して堅気となった。

現在は格闘技団体の会長などを務めており、自身の道場からK-1選手を輩出するなど、武道や格闘技の振興に精進している。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

musyo

元山口組系幹部で作家の沖田臥竜さん(45)が執筆した、小説『ムショぼけ』が地上波テレビ連続ドラマ化され、2021年10月から放送される予定だという。

沖田さんは六代目山口組『二代目大平組』の幹部だったが、2014年に引退し、作家に転身。ニュースサイトで記事執筆、週刊誌や夕刊紙でコラム、書籍の発売、テレビ番組への出演、トークライブ、YouTubeなど、多方面で活動をしている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

okita2

元山口組系幹部で作家の沖田臥竜さんとはいったい何者なのか、ネットや週刊誌などの情報を基に経歴をまとめてみる。

沖田さんは六代目山口組『二代目大平組』で最高幹部を務めたが、2014年に引退して作家に転身。山口組の分裂以降、ウェブメディアや週刊誌などで多数の記事を執筆し、山口組分裂に関する書籍や、小説などの著書を発売している。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

okita2

元山口組系幹部で作家の沖田臥竜さんの経歴その②。

沖田さんは文筆活動の他、テレビ番組やYouTubeに出演したり、トークライブの開催、映画やドラマの制作にも携わるようになるなど、精力的に活動を展開して行った。

元極道の作家として徐々に知名度を上げ、2021年10月には自身の小説がテレビドラマ化されることとなり、地上波で放映される。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

hamaguchi4

2021年06月09日までに、知人男性から現金2000万円を脅し取ったとして、元六代目山口組『五代目國粹会』舎弟頭の『十三代目生井一家』元総長が恐喝の疑いで逮捕された。元総長はモデルガンを突きつけて犯行に及んでいたという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

↑このページのトップヘ