神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は山口組分裂騒動を中心に、暴力団組織、反社会勢力、半グレ、それらに関連する事件などについて研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:公安委員会

masuku1

2021年10月18日までに、大阪府公安委員会は不動産業などを営む経営者と六代目山口組系組長に対し、取り引きをやめるよう勧告した。経営者は組長から3000万円を借り、マスクの転売などを行い、利益の約半分を組長に渡していたという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

tokutei2

2020年01月07日、六代目山口組と神戸山口組の抗争が激化していることを受け、兵庫、大阪、京都、三重、岐阜、愛知の6府県で両山口組が特定抗争指定暴力団に指定された。

警戒区域は兵庫県が神戸市・尼崎市・姫路市・淡路市、大阪府が大阪市・豊中市、京都府が京都市、三重県が桑名市、岐阜県が岐阜市、愛知県が名古屋市。これにより両山口組は警戒区域に設定された6府県10市での活動が大幅に制限される。

2020年07月07日、岡山、鳥取、島根、愛媛の4県でも両山口組が特定抗争指定暴力団に指定された。警戒区域は岡山県が岡山市、鳥取県が米子市、島根県が松江市、愛媛県が四国中央市。また、愛知県のあま市と兵庫県の南あわじ市が警戒区域に追加された。

2020年10月07日に愛知県の武豊町が、12月11日に愛知県の刈谷市が、2021年01月22日に岡山県の倉敷市が警戒区域に追加された。2021年07月07日には岡山県の津山市が追加され、警戒区域は10府県20市町となった。

2021年10月07日に、警戒区域から岡山市が解除される予定となり、警戒区域は初めて減少して10府県19市町となる。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

任侠山口組

2021年06月04日、脱退を希望する組員を脅して脱退を妨害したとして、兵庫県公安委員会は絆會系組長に対し、脱退を妨害しないよう再発防止命令を出した。組長は脱退しようとした組員2人に「飛んだら追い込む、詰めなあかん」などと言って脅していたという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Roku

2021年04月27日までに、六代目山口組『四代目誠友会』組員から依頼を受けた知人男性が、北海道にある飲食店に年末のしめ縄を販売していたとして、北海道公安委員会は組員に再発防止命令、男性には暴力団の依頼を受けないよう指示書を出した。

男性は約50店舗にしめ縄を販売し、報酬として1年に約15万円を受け取っていたという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Roku

2020年12月15日までに、大阪府公安委員会は大阪府内にあるちゃんこ店の経営者に対し、暴力団と知りながら場所や料理を提供しないよう指導した。このちゃんこ店では六代目山口組『三代目弘道会』系組長が約60人で宴会を行っていて、府公安委は組長にも指導した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Roku

2020年12月14日までに、愛知県公安委員会は愛知県内にある飲食店の運営会社に対し、暴力団と知りながら場所や料理を提供しないよう勧告した。この飲食店では六代目山口組『三代目弘道会』系組長が会合を計4回行っていて、飲食店経営者は客が暴力団関係者だと認識していたという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Roku

2020年11月26日までに、大阪府公安委員会は大阪府にある飲食店の経営者に対し、暴力団と知りながら場所や料理を提供しないよう指導した。六代目山口組の直系組長らが4回この店を利用して会合を行っていて、府公安委は組長らにも場所や料理の提供を受けないよう指導した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

530jiken4

2020年05月30日に岡山市で神戸山口組『池田組』若頭が六代目山口組『大同会』幹部に銃撃される事件が起こったことを受け、岡山県警と鳥取県警は06月05日、神戸山口組『池田組』の組事務所1箇所と、六代目山口組『大同会』の組事務所3箇所の使用を制限する仮命令を発令した。組事務所の使用制限は中国地方で初めて。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Roku

2020年03月05日までに、大阪府公安委員会は大阪府にある飲食店の経営者に対し、暴力団と知りながら店で六代目山口組系幹部の放免祝いを行ったとして、暴力団に利益供与をしないよう指導した。放免祝いを主催した六代目山口組系幹部にも指導した。

放免祝いを主催した幹部は、六代目山口組と神戸山口組の分裂抗争で服役していたという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

警察庁

2020年02月14日、大阪市内でガールズバーなどを経営する男性が、六代目山口組系組長に用心棒代を支払ったとして、大阪府公安委員会は六代目山口組系組長に利益供与を受けないよう、経営者には利益供与をしないよう勧告した。経営者はこれまでに1000万円以上の用心棒代を払っていたとみられている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ