神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は神戸山口組を中心に、山口組分裂騒動や暴力団組織について研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:六代目山口組

kawaikogyo

2016年03月27日、六代目山口組『旭導会』傘下で北海道旭川市にある『川合興業』の事務所に消火器が投げ込まれていたという情報があった。

北海道では03月03日に神戸山口組『池田組』傘下『二代目孝昇会』会長の自宅に車が突っ込み、03月27日に旭川市の路上で六代目山口組『旭導会』系組員が暴行されるなど、抗争とみられる事件が起こっていた。

2016年05月02日早朝、またもや『川合興業』の事務所の窓ガラスが割られたという情報があった。2017年02月18日、川合興業に消火器が投げ込まれた事件の犯人として、神戸山口組『池田組』若頭補佐の『二代目孝昇会』会長ら3人が逮捕された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

kodokai kobe

2016年03月21日、神戸市中央区にある六代目山口組『三代目弘道会』の神戸事務所の駐車場に止めていた車2台が破壊されたという情報があった。この事務所は六代目山口組若頭・高山清司が本家に詰める際の滞在拠点として使用していたが、現在は六代目山口組若頭補佐・竹内照明が使っているとの情報もあるようだ。

2017年02月07日に神戸山口組『四代目山健組』系組員ら4人が暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕され、02月14日には神戸山口組本部と『四代目山健組』本部と山健組関連施設の3箇所に家宅捜索が入った。

2017年02月17日、新たに神戸山口組『四代目山健組』系幹部1人が暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕された。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

Roku

2017年02月15日、六代目山口組『三代目弘道会』傘下『二代目谷誠会』会長代行が組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕されたという情報があった。逮捕容疑は名古屋市中区にある違法カジノ店から用心棒代として10万円を受け取ったというもので、翌日には三代目弘道会の本部に家宅捜索が入った。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

takayama

2017年02月14日、病気を理由に刑の執行が停止されている六代目山口組若中で『淡海一家』総長の高山誠賢こと高山義友希が、実際は健康状態に問題が無い可能性が高まったため、刑務所に収監されたという情報があった。高山総長の収監を逃れるため、京都府立医科大学附属病院が虚偽の診断書を提出していた疑いがもたれている。

高山総長は京都市の建設業の男性から4000万円を恐喝した疑いで六代目山口組若頭の高山清司とともに2010年に逮捕され、2015年06月に最高裁で懲役8年の有罪判決が確定していたが、京都府立医大病院から健康状態に懸念があるとする診断書が提出され、2016年02月から刑の執行が停止されていた。

しかし実際には服役可能な健康状態である可能性が高いことが分かったため、刑の執行停止を取り消され高山総長に出頭が要請されたということのようだ。収監を逃れる目的で実際の容体とは異なる診断書が作成された疑いがあり、京都府警は京都府立医大病院と病院長の自宅などを家宅捜索した。

高山総長は四代目会津小鉄会会長だった高山登久太郎の実子で、弘道会の舎弟から山口組の直参となった。同時に逮捕された六代目山口組若頭の高山清司はこの事件で懲役6年が確定し、2014年12月から今も収監されている。暴力団と公立病院が共謀して収監を逃れるため虚偽の診断書を作成したのか、金銭のやり取りがあったかなどが注目される。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

ichidokai

2016年10月13日、六代目山口組の二次団体で福岡市中央区にある『一道会』の事務所が解体・撤去されたという情報があった。山口組の分裂以後、一道会の事務所では神戸山口組系組織によって火炎瓶が投下される事件が発生していた。この事件もあって近隣住民が暴追センターを介して事務所の使用禁止を求める仮処分を福岡地裁に申請、その後に地裁が仮処分を認めたため一道会は事務所を使うことが困難となっていた。

一道会は近隣住民に「引越します、事務所は業者が解体します」と伝え、事務所を解体し撤去した。一道会は福岡市博多区にある六代目山口組系組織の元事務所を取得しており、そこへ移転したのではないかと示唆されている。

2017年01月24日、一道会の事務所が移転した福岡市博多区の場所は小学校から200m以内にあるため、六代目山口組若中で『一道会』会長の一ノ宮敏哲ら計16人が福岡県暴力団排除条例違反の疑いで逮捕された。02月02日には関係先として六代目山口組の総本部に家宅捜索が入った。

2017年02月14日、一道会会長の一ノ宮敏哲が起訴され、他の15人は処分保留で釈放した。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

Roku

2017年01月31日、府中刑務所に服役している六代目山口組若頭の高山清司が、国を提訴したという情報があった。

高山若頭は2010年に恐喝容疑で逮捕され、一審と二審で実刑判決が下り、2014年12月から府中刑務所に服役しているが、高山若頭には適切な治療とリハビリを行わなければ生命の危険もある、後縦靱帯骨化症という難病を患っている。

服役前に勾留されていた大阪拘置所では1日に1時間半のマッサージを毎日受けることができたが、府中刑務所では時間が限られ治療内容も不十分であったため、国を相手に1100万円の賠償と、自身が指名する医師の診療を求めて提訴したということのようだ。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

aizu1_Ink_LI

2017年01月10日、京都を拠点とする六代目会津小鉄会の内部でクーデターが発生したという情報があった。六代目会津小鉄会若頭の心誠会『原田昇』会長が七代目を襲名するというFAXが全国に送られたが、六代目会津小鉄会『馬場美次』会長は身に覚えがなく偽造されたものと否定、原田若頭を絶縁するというFAXを全国に送った。

翌日、京都市下京区にある会津小鉄会の本部に原田若頭派の組員らが集まったが、馬場会長を支援する神戸山口組系組員ら数十人が本部に乗り込み、原田若頭派の組員を追い出して本部を奪還。その後に馬場会長と神戸山口組直参数人が本部内で会合すると、原田若頭を支援する六代目山口組系組員ら数十人が集まって本部を取り囲み、警官や機動隊が大量に出動する騒ぎとなったようだ。

2017年01月12日、会津小鉄会をめぐって様々な情報が錯綜しているが、馬場会長が引退もしくは総裁に退き、六代目会津小鉄会顧問の四代目いろは会『金子利典』会長が七代目会津小鉄会会長を襲名するという情報が、現在のところ有力とみられている。

2017年01月21日、会津小鉄会が金子利典へ代替わりし、盃直しの襲名披露が執り行われた。馬場美次前会長は総裁となった。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

無題2

2017年01月31日04時30分頃、愛知県名古屋市中区で六代目山口組系組員がナイフで刺されたという情報があった。刺したのは一緒にいた交際相手とみられる知人の女で、組員との間で何らかのトラブルがあったようだ。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

tokairengo1

2016年02月26日、神戸山口組『四代目山健組』傘下で静岡県三島市にある『二代目東海連合』の事務所の前に駐車していた車が放火される事件が発生していた。2016年07月11日、この事件の犯人として六代目山口組『三代目弘道会』系組員が建造物等以外放火の疑いで逮捕されたようだ。

2016年08月01日、逮捕されている六代目山口組『三代目弘道会』系組員が建造物等以外放火の罪で起訴され、08月02日には新たに『三代目弘道会』系組員と元組員の計3人が逮捕された。08月22日までに、逮捕されている『三代目弘道会』系元組員を建造物等以外放火の罪で起訴し、他の組員2人は不起訴処分となった。

2017年01月27日、起訴された六代目山口組『三代目弘道会』系組員と元組員の判決公判が静岡地裁沼津支部で開かれ、裁判長は組員に懲役2年6箇月、元組員に懲役1年の判決を言い渡した。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

Roku

2017年01月26日、六代目山口組組長の司忍と幹部らが神戸市北区の葬儀場に集まり、四代目山口組組長・竹中正久の三十三回忌法要を行ったという情報があった。竹中組長は1985年01月26日、抗争状態にあった一和会のヒットマンに銃撃され、翌日に死亡した。

2017年01月27日、四代目山口組組長・竹中正久の命日に合わせて、六代目山口組組長の司忍と幹部らが神戸市灘区の霊園を訪れた。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ