神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は神戸山口組と任俠団体山口組を中心に、山口組分裂騒動や暴力団組織について研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:内堀和也

IMG_4552

2019年06月21日、高齢女性らが稲川会系組員らによる特殊詐欺で現金を騙し取られたとして、稲川会会長を相手に損害賠償を求めて起こした訴訟の判決公判が開かれた。高齢女性らは組員らに息子を装って「女性を妊娠させて慰謝料請求をされた」などとウソを付かれ、現金数百万円を騙し取られていた。

判決で裁判長は稲川会会長の使用者責任を認定し、計約1500万円の支払いを命じた。 続きを読む

rrrr

2019年04月07日、神奈川県横浜市にある稲川会館で稲川会の継承式が行われ、稲川会理事長で『三代目山川一家』総長だった内堀和也が六代目稲川会会長を襲名した。五代目稲川会会長だった清田次郎は総裁に就任した。 続きを読む

稲川会代紋

2015年09月15日、関東を拠点とする暴力団『稲川会』の幹部達が六代目山口組の総本部を訪問したという情報があった。

先日は弘道会の定例会に稲川会理事長の内堀和也が顔を出していたのだが、その時は『稲川会幹部が山口組系組織を訪問』とは報じられなかった。

今回は山口組の総本部に訪問ということで、メディアに取り上げられることになった。続きを読む

rrrr

前回、六代目山口組組長・司忍の出身母体である名古屋の弘道会が山口組分裂後初めての定例会を行い、その定例会に稲川会理事長・内堀和也が現れたという記事を載せた。

 ⇒ 前回の記事 
山口組分裂後に初めて行われた弘道会の定例会に稲川会理事長・内堀和也が顔を出す
http://yakuza893.blog.jp/uchiborikodokai.html

この稲川会の内堀和也とはいったい何者なのか、ネットの情報を基に経歴をまとめてみた。続きを読む

稲川会代紋

2015年09月12日、六代目山口組組長・司忍の出身母体であり、六代目体制の山口組において最大の主流派団体である名古屋の弘道会は、山口組が分裂してから初めての定例会を行ったようだ。

その定例会に出入りする映像の中で、三代目弘道会会長・竹内照明に並んで稲川会理事長・内堀和也の姿が確認できる。稲川会の内堀和也が弘道会の定例会に現れたのにはどんな意味があるのだろうか。続きを読む

↑このページのトップヘ