神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は神戸山口組と任俠団体山口組を中心に、山口組分裂騒動や暴力団組織について研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:名古屋

takeuchi11

2021年01月19日、愛知県東海市の道路であおり運転をしたとして、六代目山口組系組員が道路交通法違反の疑いで逮捕された。組員は2020年09月にも、愛知県名古屋市で交通トラブルになった男性にケガを負わせ、罰金の略式命令を受けていた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Roku

2020年12月02日、家宅捜索の際にメモリーカードを手で握りつぶして証拠隠滅を図ろうとしたとして、六代目山口組『三代目弘道会』傘下『三代目高山組』系組長が証拠隠滅の疑いで逮捕された。三代目高山組系組長は警察が捜索に来る前に、事件に関するデータが入った記録媒体を組の車に隠していたが、捜査員に発見されたため、その場で取り上げて握りつぶしたという。

2020年12月09日、新たに六代目山口組『三代目弘道会』傘下『三代目高山組』系組員が、証拠隠滅の疑いで逮捕された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

noda1

2020年11月19日、自宅で拳銃と実弾を所持していたとして、六代目山口組『三代目弘道会』関係者でAVスカウト業の男らが銃刀法違反の疑いで逮捕された。男は12月08日、大麻リキッドを所持していた疑いでも逮捕された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ishihara4

2020年10月27日、愛知県名古屋市の錦三にある風俗店からみかじめ料を受け取っていたとして、六代目山口組『三代目弘道会』傘下『三代目高山組』若頭ら3人が県暴排条例違反で逮捕された。高山組は六代目山口組の高山清司若頭が設立した組織で、名古屋の繁華街に大きな影響力を持っているとされる。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

nokubo1

2020年09月10日までに、他人名義の携帯電話を不正に機種変更したとして、六代目山口組『三代目弘道会』系幹部と元販売代理店員の女が私電磁的記録不正作出などの疑いで逮捕された。幹部が女に頼み、名義人の許可を得ずに機種変更したとみられている。

2020年09月30日までに、六代目山口組『三代目弘道会』系幹部が使うのに元販売代理店員の女の名義で携帯電話を購入したとして、逮捕されていた幹部と元販売代理店員の女が再逮捕された。

2020年10月20日付で、逮捕されていた幹部ら2人は不起訴処分となった。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Roku

2020年10月16日、愛知県名古屋市で無許可でメイド喫茶を営業したとして、六代目山口組系幹部の男が食品衛生法違反の疑いで逮捕された。警察はメイド喫茶の売上が暴力団の資金源になっていた可能性があるとみて、捜査している。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

seto

2020年09月02日、六代目山口組の司忍組長の自宅付近で爆竹を鳴らして警察を不要に出勤させたとして、会社員の男が偽計業務妨害の疑いで逮捕された。司忍組長宅から約100mの場所で爆竹を鳴らし、近隣住民が発砲音と間違えて通報し、警察が大量に出動したという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

mamiya6

2020年07月30日、愛知県名古屋市の錦三のバーから用心棒代を受け取っていたとして、六代目山口組『三代目弘道会』本部長の『五代目河村一家』総長ら3人が県暴排条例反の疑いで逮捕された。このバーからは月2万円を約16年にわたって徴収し続けていたという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

matsuyama4

2020年03月09日までに、愛知県名古屋市の錦でガールズバーを無許可で営業していたとして、六代目山口組『三代目弘道会』幹部の『十代目稲葉地一家』総長や風俗店グループ代表の男など、5人が風営法違反の疑いで逮捕された。稲葉地一家総長は風俗店グループ代表の男が経営する店から、年間約6億円もの金を受け取っていたとみられている。

2020年03月28日、別のショーパブも無許可で営業していたとして、逮捕されていた十代目稲葉地一家総長ら4人が再逮捕された。

2020年04月20日、別のキャバクラ店から用心棒代を受け取っていたとして、逮捕されていた十代目稲葉地一家総長ら2人が再逮捕され、キャバクラの経営者の男も用心棒代を渡したとして逮捕された。十代目稲葉地一家総長は3度目の逮捕となった。

2020年06月22日付で、逮捕されていた十代目稲葉地一家総長ら4人が不起訴処分となった。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

akafuku2

2020年02月19日、赤福餅で有名な三重県伊勢市の老舗和菓子屋『赤福』のグループ会社である酒造メーカー『伊勢萬』が、10年以上のあいだ六代目山口組系組織に焼酎などのお酒を計約8000本販売していたことが発覚した。そのうち約半数は代紋や名古屋弘道会などの文字が記載された特製品だったという。

赤福の浜田益嗣会長が交際していた六代目山口組系幹部から依頼を受け、会長が直接受注して取引していたことが判明し、浜田会長は責任を取り赤福会長や親会社『浜田総業』社長など全ての役職を辞任した。

この代紋入りの焼酎は、2019年12月に骨董店で代紋入りの空き瓶を入手した男が赤福へ瓶を持ち込み、会社から現金を脅し取ろうとする事件が発生して明るみに出た。男は恐喝未遂の疑いで起訴され、02月25日の初公判で懲役1年6箇月が求刑され、03月09日に懲役1年の実刑判決が言い渡された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ