神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は山口組分裂騒動を中心に、暴力団組織、反社会勢力、半グレ、それらに関連する事件などについて研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:地方公務員法違反

警察庁

2021年04月01日、岐阜県警の男性警部補が、捜査情報を暴力団関係者に漏洩していた疑いがあることが発覚した。警部補は刑事課に所属し暴力団排除などを担当していて、暴力団組員の交際女性に捜査情報と伝えていたとみられている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_6598

2019年09月24日、京都府警の巡査長の男が捜査対象者に捜査情報を漏洩したとして、飲食店経営者の男が巡査長に捜査情報を教えるようそそのかしたとして、それぞれ地方公務員法違反の疑いで逮捕された。

経営者は監禁傷害事件で捜査対象者だったが、巡査長が本人に逮捕日を教えたため、経営者は1週間のあいだ逃亡を図っていた。巡査長は見返りに現金を受け取っていたとみられている。

2019年10月05日、逮捕されていた巡査長が収賄の疑いで、飲食店経営者が贈賄の疑いで再逮捕された。巡査長は飲食店経営者から現金200万円を受け取っていた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

警察庁

2019年05月17日、暴力団を担当する警視庁組対4課の巡査長の男が、地方公務員法違反の疑いで書類送検された。送検容疑は暴力団関係の事件の捜査協力者3人に、事件の被疑者9人分の顔写真や住所など、捜査情報をLINEで送信したというもの。

巡査長は停職1箇月の懲戒処分となったが、依願退職した。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

mitoshi

2017年07月11日、六代目山口組系幹部と茨城県水戸市役所の職員2人の計3人が地方公務員法違反の疑いで逮捕された。逮捕容疑は組員がトラブルになっていた男性の転居先を、茨城県水戸市役所の職員に教えてもらったというもの。

2017年07月31日、六代目山口組系幹部と水戸市役所課長補佐が起訴され、水戸市役所係長は略式起訴で罰金となった。2017年12月04日、逮捕され起訴されていた水戸市役所課長補佐の論告求刑公判が水戸地裁で開かれ、検察は懲役6箇月を求刑した。

2017年12月18日、水戸市役所課長補佐の判決公判が開かれ、裁判長は懲役4箇月・執行猶予3年の判決を下した。2018年04月11日、六代目山口組系幹部の判決公判が開かれ、裁判長は懲役3箇月の判決を下した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ