神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は神戸山口組と任俠団体山口組を中心に、山口組分裂騒動や暴力団組織について研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:大麻

image

2017年11月08日、六代目山口組『五代目國粹会』会長秘書の『和興業』組長ら3人が大麻取締法違反(営利目的栽培)などの疑いで逮捕された。逮捕容疑は長野県長野市にある一軒家の一室で大麻を栽培していたというもの。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

kimura

2016年11月16日、二代目東組事務局長の『二代目滝本組』若頭や傘下組員など計4人が大麻取締法違反の疑いで逮捕されたという情報があった。逮捕容疑は和歌山にある建物で大麻を栽培していたというもの。押収した大麻は11000本にも上り、一度に押収した大麻の量としては過去最大のようだ。末端価格は20億~50億円だということで、かなり大規模な大麻ビジネスを一次産業から行っていたとみられている。

2016年12月07日、逮捕されていた二代目東組事務局長ら4人が大麻取締法違反(営利目的共同栽培)の罪で起訴された。02月02日、奈良地裁葛城支部で二代目東組事務局長ら4人の初公判が開かれ、4人は起訴内容を認めた。大麻を栽培する設備として約4000万円を投資していたということも分かった。

2017年06月22日、奈良地裁葛城支部で判決公判が開かれ、首謀者とみられる二代目東組本家付の『博龍会』舎弟頭に懲役7年、二代目東組事務局長の『二代目滝本組』若頭に懲役3年など、4人全員が実刑判決となった。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

aizu

2017年02月10日、七代目会津小鉄会若頭代行の傘下『三代目倉富組』組長ら2人が大麻取締法違反の疑いで逮捕されたという情報があった。会津小鉄会では分裂騒動の真っ只中であるが、組織ぐるみで大麻ビジネスを行っていたとみられており、2016年11月に滋賀県大津市の大麻栽培工場が摘発されていたようだ。

2016年07月には六代目会津小鉄会会長だった馬場美次が、大麻5gを組員から受け取ったとして逮捕される事件も起こっていた。02月13日、この事件の関係先として京都市左京区にある七代目会津小鉄会『五代目いろは会』の本部事務所に家宅捜索が入った。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ