神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は神戸山口組と任俠団体山口組を中心に、山口組分裂騒動や暴力団組織について研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:太田興業

ito2

2017年11月末、神戸山口組舎弟で『健心連合会』会長の伊藤寿邦が直参を降りたという情報があった。伊藤は三代目山口組『山健組』傘下『健心会』の出身で、健心会~二代目健心会で最高幹部を務めた後に除籍されていたが、2016年12月に健心連合会を結成して会長に就任し、神戸山口組舎弟として渡世に復帰していた。

2017年04月末に神戸山口組が分裂して任侠団体山口組(後に任侠山口組へ改名)が結成されると、伊藤は神戸山口組を離脱して任侠団体山口組に参加したが、その後に一転して神戸山口組へ出戻っていた。

今回、伊藤は神戸山口組の直参を降りる意向を示して神戸山口組舎弟を返上し、神戸山口組『太田興業』特別相談役もしくは相談役に就いたとみられている。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

Kobe

2017年06月12日、神戸山口組『太田興業』幹部の『紅野組』組長が免状不実記載の疑いで逮捕された。逮捕容疑は大阪府門真市にある門真運転免許試験場で免許を更新する際、実際に住んでいる中央区ではなく鶴見区と偽って申告したというもの。紅野組組長は「免許証更新の時には変える必要がないと思った」と供述しているという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

okagawa

2016年10月31日、神戸山口組『太田興業』副組長の傘下『岡川総業』組長が詐欺の疑いで逮捕されたという情報があった。逮捕容疑は暴力団であることを隠して生活保護を受給していたというもの。

岡川総業組長は六代目山口組『太田興業』舎弟頭補佐だったが、2008年10月に太田興業が除籍され解散すると『秋良連合会』に移籍。2009年に秋良連合会から破門されて暴力団登録がなくなると、2014年08月から生活保護を受給し始めた。2015年09月頃に太田興業が再結成されると組員に復帰したが、復帰後もそのまま生活保護を受け続けていたということのようだ。

2016年11月02日、この事件の関係先として大阪市浪速区にある『太田興業』の本部とみられる元『綾誠会・守道会』の事務所に家宅捜索が入った。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

太田守正

2015年12月、元六代目山口組若中の太田興業『太田守正』組長が神戸山口組『四代目山健組』相談役で復帰した。

元六代目山口組若中の太田興業『太田守正』組長が神戸山口組『四代目山健組』相談役で復帰か
http://yakuza893.blog.jp/ootahukki.html

2016年01月、『太田守正』は神戸山口組舎弟に昇格した。

神戸山口組『四代目山健組』相談役で『太田興業』組長の太田守正が神戸山口組の直参に昇格

http://yakuza893.blog.jp/ootahukki1.html

この『太田守正』とはいったい何者なのであろうか、ネットや雑誌の情報を基に経歴をまとめてみることにする。分裂直前の2015年07月には『血別 山口組百年の孤独』という書籍を出版し話題になっていたようだ。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

太田

2016年01月16日、神戸山口組『四代目山健組』相談役の『太田興業』組長・太田守正が神戸山口組の舎弟に昇格したという情報があった。 

太田守正は六代目山口組の直参だったが2008年に除籍されて引退、2015年12月に神戸山口組『四代目山健組』相談役として渡世に復帰していた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

1236301_1396288920601174_271867444_n

2015年12月01日付で元六代目山口組若中の『太田興業』組長・太田守正が神戸山口組『四代目山健組』相談役で復帰したという情報があった。

太田組長は山健組『健竜会』の出身で2005年に六代目山口組の直参となったが、2008年10月に除籍され引退していた。分裂騒動以後、太田組長が復帰するのではないかとウワサが流れていたが、復帰は現実のものとなったようだ。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ