神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は山口組分裂騒動を中心に、暴力団組織、反社会勢力、半グレ、それらに関連する事件などについて研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:密輸

覚醒剤をボタンの形に加工、暴力団幹部の男を逮捕

2022年12月、イランから覚醒剤を密輸したとして、六代目山口組系幹部が覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕された。覚醒剤はジャンパーのボタンに似せた形に固められていて、ジャンパーにボタン型の覚醒剤の塊を縫い付けて密輸していたという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

tamura6

2022年06月24日までに、マレーシアから覚醒剤約2kgを密輸したとして、六代目山口組『二代目兼一会』組員ら2人が覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕された。覚醒剤はコーヒー豆の袋などに隠されていたという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

seki3

2022年05月09日までに、アメリカから大麻約4kgを密輸しようとしたとして、六代目山口組『三代目弘道会』系組員ら3人が大麻取締法違反などの疑いで逮捕された。組員らは、03月にも覚醒剤を密輸しようとしたとして逮捕されていた。

2022年05月20日、逮捕されていた六代目山口組『三代目弘道会』系組員ら3人は不起訴となった。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ebisawa1

2022年04月05日までに、アメリカの覆面捜査官と武器や麻薬の取引を約束したとして、暴力団幹部のエビサワ・タケシら計4人がアメリカ司法当局に逮捕された。エビサワは国際犯罪集団のリーダーだとみられていて、アメリカなどで武器や薬物の密輸、人身売買、マネーロンダリングなどに関わっていたとみられている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ban3

2021年08月05日、国際郵便などを使って乾燥大麻と大麻リキッドを密輸したとして、六代目山口組系組員ら11人が大麻取締法違反などの疑いで逮捕され、その後に新たに3人が逮捕された。逮捕された14人は大麻密輸グループの一員だとみられている。

2021年08月21日、大麻密輸グループの指示役とみられる、六代目山口組『十一代目平井一家』組員が麻薬特例法違反の疑いで逮捕され、09月にも大麻取締法違反で再逮捕された。

この大麻密輸グループは、計約94kgの乾燥大麻と液状大麻を複数回に分けてアメリカから国際郵便で密輸していたとみられていて、末端価格の合計は23億円以上にも上るという。これまでに計26人が検挙されている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

tanabe6

2022年01月25日までに、覚醒剤をメキシコから密輸した事件に関与したとして、稲川会系幹部や住吉会系幹部など計7人が麻薬特例法違反などの疑いで逮捕された。幹部らはメキシコの麻薬カルテル組織と取引し、約170kg・末端価格100億円もの覚せい剤を密輸したとみられている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

jyan1

2021年08月03日、覚醒剤をアメリカから密輸したとして、チャイニーズドラゴン(怒羅権)元リーダーが覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕された。元リーダーは指示役だとみられていて、覚醒剤8kg以上をロウソク台の中に隠して航空貨物で送っていたという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_6288

2019年08月16日までに、二代目東組渉外委員長の『四代目関谷組』組長ら2人が、覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された。逮捕容疑はジーパンのウエスト部分に小分けした覚せい剤を隠し、カナダから航空貨物で密輸したというもの。四代目関谷組組長はつい先日、ネットテレビ『AbemaTV』にVTR出演した矢先だった。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4768

2016年02月10日、神戸山口組『四代目山健組』傘下『與組』最高顧問の傘下『誠心会』会長らが覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで逮捕されたという情報があった。逮捕容疑は鹿児島県沖の洋上で外国船から覚せい剤を密輸したというもので、覚せい剤は約100kg、末端価格70億円というかなりの量だ。この事件で他にも神戸山口組『四代目山健組』系の組員など複数人が逮捕されている。

2017年09月04日、逮捕されていた『與組』最高顧問と『健國会』元幹部の計2人の初公判が開かれ、2人は密輸入については起訴内容を認め、覚せい剤の営利目的所持は否認した。09月12日の公判で検察は與組最高顧問に懲役25年、健國会元幹部に懲役30年を求刑した。

2017年09月22日、『與組』最高顧問ら2人の判決公判が開かれ、裁判長は與組最高顧問に懲役25年・罰金1000万円、健國会元幹部に懲役27年・罰金1000万円の判決を言い渡した。2人の上にはさらに首謀者がいるようで、首謀者⇒健國会元幹部⇒與組最高顧問という流れで事件が計画されたようだ。

2017年11月20日、逮捕されていた『與組』傘下『誠心会』舎弟頭・若頭・本部長の計3人の判決公判が福岡地裁で開かれ、裁判長は3人にそれぞれ懲役17年・罰金600万円の判決を下した。

2018年09月18日、逮捕されていた元神戸山口組『四代目山健組』傘下『三代目邦道連合』組員の初公判が開かれ、元邦道連合組員は起訴内容を否認して無罪を主張した。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

↑このページのトップヘ