神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は神戸山口組と任俠団体山口組を中心に、山口組分裂騒動や暴力団組織について研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:尼崎

inamura1

2021年03月22日、兵庫県尼崎市は2020年11月に六代目山口組『三代目司興業』傘下『琉真会』事務所兼自宅が発砲された事件を受け、市民の安全を守る為、この民家を買い取る方針を発表した。 

発砲事件の約2週間前に神戸山口組若頭補佐の三代目古川組組長が銃撃される事件が発生し、その報復として事務所兼自宅への発砲事件が起きたとみられていて、報復の連鎖が懸念されていた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4544

2018年06月28日、兵庫県尼崎市にある任侠山口組の本部『四代目真鍋組』事務所が、暴力団追放兵庫県民センターによって使用禁止を求める仮処分を神戸地裁に申請された。2017年09月に任侠山口組の織田絆誠代表が襲撃され、ボディーガード役の組員が銃撃される事件が発生しており、住民の間で不安が高まっていた。

2018年09月03日、神戸地裁は任侠山口組の本部について、組事務所としての使用を禁止する仮処分を決定した。

2020年04月16日、使用禁止となって以降も絆會(旧・任侠山口組)の本部事務所に組員が出入りしているとして、暴力団追放兵庫県民センターが神戸地裁に間接強制を申し立てた。10月15日に神戸地裁は間接強制を決定し、絆會が本部を使用すると1日に100万円の制裁金が課されることとなった。

2021年03月05日、絆會は神戸地裁の判決に不服を申し立てていたが、大阪高裁は絆會の不服申し立てを棄却した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

asahina7

2021年02月08日、兵庫県尼崎市で2019年11月27日に発生した神戸山口組幹部『古川組』総裁銃撃事件で、逮捕されていた元六代目山口組『二代目竹中組』組員の初公判が開かれた。

元組員は「間違いない」と起訴内容を認め、「裏切者を殺して男になって死にたいと思った。自動小銃はインパクトがあると思い使った」などと犯行動機を語った。

2021年02月19日、元組員の判決公判が開かれ、裁判長は無期懲役の判決を言い渡した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

仲村

2020年11月03日昼、兵庫県尼崎市のコンビニ駐車場付近で、神戸山口組若頭補佐を務める三代目古川組の仲村石松組長ら2人が、何者かに拳銃を発砲される事件が発生した。2人は病院に搬送されたが、命に別条はなかった。犯人は現場から逃走している。

兵庫県尼崎市では約1年前の2019年11月に、神戸山口組幹部だった三代目古川組の古川恵一総裁が六代目山口組系元組員に銃撃され、亡くなる事件が発生していて、またしても三代目古川組が狙われる事件が起こった。

2020年11月05日、現場から逃走していた六代目山口組『三代目司興業』幹部が出頭して逮捕され、11月11日にはもう1人の犯人とみられる六代目山口組『三代目司興業』系幹部が出頭し逮捕された。

2020年12月23日までに、逮捕されていた六代目山口組『三代目司興業』幹部ら2人が起訴された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

20201118jiken1

2020年11月18日00時過ぎ、兵庫県尼崎市にある六代目山口組『三代目司興業』傘下『琉真会』の事務所に向けて、何者かが拳銃を発砲する事件が発生した。事務所の玄関などに弾痕が3発見つかったが、ケガ人などは無かった。

2020年11月03日にこの現場から約1km南の路上で、神戸山口組『三代目古川組』組長ら2人が銃撃される事件が発生していて、六代目山口組『三代目司興業』幹部ら2人が逮捕されていた。今回、銃撃された琉真会は三代目古川組の傘下だったが、六代目山口組『三代目司興業』に移籍していて、今回の事件は三代目古川組組長が撃たれた報復として神戸山口組が起こした可能性があるとみられる。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4331

2020年09月30日、兵庫県尼崎市にあるパチンコ店の金庫から現金約1800万円を盗んだとして、七代目会津小鉄会(金子派)若頭ら3人が窃盗の疑いで逮捕された。事件の翌日に共犯の男が逮捕されていて、この男の供述から3人の関与が発覚した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image

2020年07月10日、任侠山口組から改称した絆會が、近く解散する意向であると報じられた。絆會は六代目山口組から分裂した神戸山口組がさらに分裂し、2017年04月に織田絆誠を中心に任俠団体山口組として結成された。その後、任侠山口組を経て絆會に改称されていた。

絆會は、真の任侠道を取り戻すべく、山口組の再統一を目指し、脱反社を掲げ、これまでのヤクザ組織とは違う道を模索してきた。しかし、組員の移籍や離脱などで減少に歯止めがかからず、解散する方針であるというが、その後に解散は撤回されたという情報もあり、すぐに解散というわけではないとみられている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

oda2

2020年01月12日、六代目山口組から分裂した神戸山口組がさらに分裂して結成された任侠山口組が、組織名を絆會に変更したことが分かった。任侠山口組は真の任侠道を取り戻すべく、脱反社を掲げ、これまでのヤクザ組織とは違う道を模索してきた。新たに絆會へ改称することで、特定抗争指定暴力団となった六代目山口組・神戸山口組との違いをさらに強調するとみられている。

2020年02月17日の官報に、任侠山口組が絆會へ改称したことが公示された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

furukawa17

2019年11月27日17時頃、神戸山口組幹部の三代目古川組『古川恵一』総裁が、兵庫県尼崎市の路上で何者かに銃撃される事件が発生した。古川総裁は自身が経営する飲食店の前で、ライフル銃のようなもので撃たれ10発ほど被弾した。

犯人は現場から車で逃走していたが、事件から約1時間後に京都市内で犯人とみられる元六代目山口組『二代目竹中組』組員1人が確保された。古川総裁は意識不明の重体で病院に搬送されたが、死亡が確認された。

2015年08月に六代目山口組が分裂して神戸山口組が発足し、2017年04月に神戸山口組がさらに分裂して任侠山口組が発足。3つに分裂した山口組は、全国各地で対立抗争を繰り返し、小競り合いから拳銃発砲まで数々の抗争事件を繰り広げて来た。

一時期は落ち着いていたが、2019年04月に神戸市中央区の路上で神戸山口組『五代目山健組』若頭が刃物で襲撃され、緊張が高まっていたところ、08月に神戸市中央区にある六代目山口組『三代目弘道会』神戸事務所前で弘道会系組員が銃撃される。さらに、10月には神戸市中央区にある神戸山口組『五代目山健組』本部横で山健組系組員2人が銃撃されるなど、ここ最近は神戸市内で分裂抗争が過激化していて、組事務所の使用禁止命令も出された。

2019年10月に六代目山口組の高山清司若頭が約5年4箇月ぶりに出所し、さらに緊張が高まっていたさなか、11月に神戸山口組幹部の『四代目大門会』会長が熊本市中央区にある組事務所の前で切り付けられ、その翌日には札幌市北区にある神戸山口組幹部の『五龍会』会長の自宅兼事務所に車が突っ込む事件が起こり、立て続けに神戸山口組の直系組長が狙われていた。

そして今回、神戸山口組幹部の古川総裁が銃撃され、亡くなった。2015年08月に六代目山口組が分裂して以降、分裂抗争による本家直参組長の死者は全山口組合わせて初めてのこととなり、分裂抗争は新たな段階に入った。

2020年02月03日、逮捕・起訴されていた元六代目山口組『二代目竹中組』組員が、別の神戸山口組幹部を殺害しようとしたとして、殺人予備の疑いで再逮捕された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

FullSizeRender

2019年10月31日、兵庫県尼崎市にある任侠山口組『二代目古川組』事務所が、暴力団追放兵庫県民センターによって使用禁止を求める仮処分を神戸地裁に申請された。兵庫県内では山口組の分裂抗争が多発していて、住民の間で不安が広がっていた。2019年05月には六代目山口組系組員が、二代目古川組事務所のシャッターを蹴って叫ぶ事件も発生していた。

2019年12月17日、神戸地裁は任侠山口組『二代目古川組』組事務所の使用を禁止する仮処分を決定した。任侠山口組は本部として使用していた四代目真鍋組の組事務所も仮処分が命じられていて、本部に続いて拠点となる事務所が使えなくなった。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ