神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は山口組分裂騒動を中心に、暴力団組織、反社会勢力、半グレ、それらに関連する事件などについて研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:尼崎

asahina7

2021年02月08日、兵庫県尼崎市で2019年11月27日に発生した神戸山口組幹部『古川組』総裁銃撃事件で、逮捕されていた元六代目山口組『二代目竹中組』組員の初公判が開かれた。

元組員は「間違いない」と起訴内容を認め、「裏切者を殺して男になって死にたいと思った。自動小銃はインパクトがあると思い使った」などと犯行動機を語った。

2021年02月19日、元組員の判決公判が開かれ、裁判長は無期懲役の判決を言い渡した。その後、元組員側は判決を不服として控訴した。

2021年11月29日、元組員の安東久徳の二審の判決公判が開かれ、裁判長は控訴を棄却した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

nakamura67

2021年11月15日、兵庫県尼崎市にある神戸山口組『三代目古川組』の組事務所が、暴力団追放兵庫県民センターによって使用禁止を求める仮処分を神戸地裁に申請された。組事務所の付近で三代目古川組組長が銃撃される事件が発生していて、近隣住民から不安の声が上がっていた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

仲村

2020年11月03日昼、兵庫県尼崎市のコンビニ駐車場付近で、神戸山口組若頭補佐を務める三代目古川組の仲村石松組長ら2人が、何者かに拳銃で銃撃される事件が発生した。2人は病院に搬送されたが、命に別条はなかった。犯人は現場から逃走している。

兵庫県尼崎市では約1年前の2019年11月に、神戸山口組幹部だった三代目古川組の古川恵一総裁が六代目山口組系元組員に銃撃され、亡くなる事件が発生していて、またしても三代目古川組が狙われる事件が起こった。

2020年11月05日、現場から逃走していた六代目山口組『三代目司興業』幹部が出頭して逮捕され、11月11日にはもう1人の犯人とみられる六代目山口組『三代目司興業』系幹部が出頭し逮捕された。

2021年11月12日、六代目山口組『三代目司興業』幹部ら2人の初公判で、2人は殺意を否定した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image

四代目真鍋組の経歴。真鍋組は真鍋展朗初代が立ち上げた組織で、兵庫県尼崎市に本部を置いた。真鍋初代は1970年に三代目山口組の直系組長となり、仲里正秋二代目、管和己三代目、池田幸治四代目と継承されて行った。

池田四代目は六代目山口組 ⇒ 神戸山口組 ⇒ 絆會(旧・任侠山口組)と所属組織を変え、2020年08月に引退。四代目真鍋組は解散したとみられている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4544

2021年10月18日、絆會(旧・任侠山口組)の本部である、兵庫県尼崎市にある四代目真鍋組の組事務所が解体されることとなった。四代目真鍋組の組事務所は2018年に仮処分が決定され、使用が禁止されていた。組事務所は民間業者に売却され、年内にも解体される見込みだという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

musyo

元山口組系幹部で作家の沖田臥竜さん(45)が執筆した、小説『ムショぼけ』が地上波テレビ連続ドラマ化され、2021年10月から放送される予定だという。

沖田さんは六代目山口組『二代目大平組』の幹部だったが、2014年に引退し、作家に転身。ニュースサイトで記事執筆、週刊誌や夕刊紙でコラム、書籍の発売、テレビ番組への出演、トークライブ、YouTubeなど、多方面で活動をしている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

okita2

元山口組系幹部で作家の沖田臥竜さんとはいったい何者なのか、ネットや週刊誌などの情報を基に経歴をまとめてみる。

沖田さんは六代目山口組『二代目大平組』で最高幹部を務めたが、2014年に引退して作家に転身。山口組の分裂以降、ウェブメディアや週刊誌などで多数の記事を執筆し、山口組分裂に関する書籍や、小説などの著書を発売している。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

okita2

元山口組系幹部で作家の沖田臥竜さんの経歴その②。

沖田さんは文筆活動の他、テレビ番組やYouTubeに出演したり、トークライブの開催、映画やドラマの制作にも携わるようになるなど、精力的に活動を展開して行った。

元極道の作家として徐々に知名度を上げ、2021年10月には自身の小説がテレビドラマ化されることとなり、地上波で放映される。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

furukawa14

2019年10月31日、兵庫県尼崎市にある任侠山口組『二代目古川組』事務所が、暴力団追放兵庫県民センターによって使用禁止を求める仮処分を神戸地裁に申請された。

兵庫県内では山口組の分裂抗争が多発していて、住民の間で不安が広がっていた。2019年05月には六代目山口組系組員が、二代目古川組事務所のシャッターを蹴って叫ぶ事件も発生していた。

二代目古川組は2015年12月に六代目山口組を離脱し、神戸山口組へ移籍。2017年04月に任侠山口組が結成されると、二代目古川組は分裂し、多数の組員が任侠山口組へ移籍。任侠山口組に移籍した組員も二代目古川組を名乗り、兵庫県尼崎市にある組事務所を乗っ取っていた。

2019年12月17日、神戸地裁は任侠山口組『二代目古川組』組事務所の使用を禁止する仮処分を決定した。絆會は本部として使用していた四代目真鍋組の組事務所も仮処分が命じられていて、本部に続いて拠点となる事務所が使えなくなった。

2021年09月13日、兵庫県尼崎市にある絆會(任侠山口組から改称)『二代目古川組』事務所は解体される予定だということが分かった。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

inamura1

2021年03月22日、兵庫県尼崎市は2020年11月に六代目山口組『三代目司興業』傘下『琉真会』事務所兼自宅が発砲された事件を受け、市民の安全を守る為、この民家を買い取る方針を発表した。 

発砲事件の約2週間前に神戸山口組若頭補佐の三代目古川組組長が銃撃される事件が発生し、その報復として事務所兼自宅への発砲事件が起きたとみられていて、報復の連鎖が懸念されていた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ