神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は神戸山口組と任俠団体山口組を中心に、山口組分裂騒動や暴力団組織について研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:山健組

Kobe

2021年04月、六代目山口組『四代目山健組』若頭を務めた健國会の山本國春元会長が、亡くなったと伝えられた。71歳だった。

山本元会長は、六代目山口組『四代目山健組』で渉外委員長や若頭を務めた四代目山健組の最高幹部。2007年に発生した五代目多三郎一家総長襲撃事件の首謀者として2010年に逮捕され、地裁で無罪判決が出るも高裁で逆転有罪判決。最高裁で上告が棄却され、懲役20年が確定。2014年に渡世から引退していた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_5616

2019年04月18日未明、神戸市中央区にある春日野道商店街の路上で、神戸山口組『五代目山健組』の最高幹部が刃物で刺され、重傷を負う事件が発生した。刺されたのは『五代目山健組』若頭で『與組』組長の與則和で、病院に搬送されたが命に別状は無かった。

その後、六代目山口組系組員とみられる男2人が出頭し、逮捕された。警察は山口組分裂に伴う抗争の可能性があるとみて、捜査している。

2019年04月24日、この事件の関係先として、岐阜県岐阜市にある野内組の本部に家宅捜索が入った。05月09日、逮捕されていた六代目山口組系組員2人が、殺人未遂と銃刀法違反の罪で起訴された。

2021年03月17日、逮捕されていた六代目山口組系組員2人の初公判で、2人は殺意は無かったと起訴内容を否認した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

nakata8

2019年08月に兵庫県神戸市にある六代目山口組『三代目弘道会』神戸事務所の前で、車を駐車しようとしていた組員がバイクに乗った男に銃撃され一時重体となった事件で、2019年12月03日に神戸山口組若頭代行の五代目山健組『中田浩司』組長が殺人未遂の疑いで逮捕された。

中田組長は犯行を指揮したのではなく、自らスクーターに乗って拳銃を撃ち放った実行犯だとみられている。12月09日には中田組長にスクーターを提供したとして、神戸山口組『五代目山健組』系組員など4人が逮捕された。

2019年12月25日に逮捕されていた中田組長が起訴され、2020年01月08日には逮捕されていた神戸山口組『五代目山健組』系組員ら4人が不起訴処分となった。

2021年03月01日、新たに事件に関与したとみられる五代目山健組『六代目健竜会』組員が逮捕された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

okada5

2020年03月05日、兵庫県加古川市の農道に止まっていた車を全焼させたとして、神戸山口組『五代目山健組』傘下『二代目武神会』幹部ら5人が建造物等以外放火の疑いで逮捕された。車の所有者は行方不明。警察は車の所有者と組員らとの間でトラブルなどが無かったか、捜査を進めている。

2020年03月11日、事件の関係者が車の所有者について「遺体を埋めた」と供述しており、警察は京都府福知山市の山中で車の所有者とみられる遺体を発見した。車の所有者が幹部にお金を貸していたが、返済が滞っており、トラブルになっていたとみられている。

2020年03月12日、山中で発見された身元不明の遺体は、車の所有者の男性だと判明した。03月25日、車の所有者の男性を殺害したとして、二代目武神会幹部ら7人が再逮捕され、少年2人も新たに逮捕された。

2020年06月19日までに、新たに神戸山口組『五代目山健組』傘下『二代目武神会』の別の幹部と少年が逮捕され、この事件の逮捕者は計12人となった。

2020年10月15日、死体遺棄の罪で起訴されていた二代目武神会幹部だった男の判決公判が開かれ、裁判長は懲役2年6箇月・執行猶予5年の判決を下した。殺人の罪で起訴された別の幹部の公判は今後開かれるとみられる。

2021年02月05日、新たに五代目山健組幹部の『二代目武神会』会長が逮捕された。二代目武神会会長はこの事件の主犯格だとみられていて、一連の事件での逮捕者は13人となった。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_6624

2019年10月10日14時40分頃、神戸市中央区にある神戸山口組『五代目山健組』の組事務所付近で、五代目山健組の組員2人が、何者かに拳銃を発砲される事件が発生した。撃たれた2人は病院に搬送されたが、亡くなった。現場付近で犯人とみられる六代目山口組『三代目弘道会』系幹部が現行犯逮捕され、拳銃も押収された。

2019年08月に六代目山口組『三代目弘道会』の神戸事務所で、三代目弘道会系組員が銃撃される事件があり、山口組分裂抗争の再燃が懸念されていた。

逮捕された三代目弘道会系幹部は、車で現場付近に現れ、カメラを持って雑誌記者を装って襲撃の機会を窺っていたとみられている。警察が職務質問した際に揉み合いとなり、いきなり近くに居た組員に拳銃を発砲したという。

2020年12月31日、逮捕され拘留されていた三代目弘道会系幹部が、拘置所で亡くなった。これにより裁判は打ち切られるとみられる。

2021年01月13日、神戸地裁は公訴棄却を決定し、裁判は打ち切られた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

nishikawa67

2020年10月06日、暴力団であることを隠して車庫を借りたとして、五代目山健組若頭補佐の『六代目健竜会』会長が詐欺の疑いで逮捕された。会長が借りた車庫は、自身が会長を務める六代目健竜会の本部事務所の近くの車庫で、会長の送迎用の車を停めていたとみられている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

yamaken2

2020年07月10日、神戸山口組の中核組織である五代目山健組が、神戸山口組から離脱したのではないかと報じられた。情報は錯綜していて、五代目山健組が丸ごと神戸山口組から離脱したという話と、五代目山健組が分裂して複数の傘下団体が離脱するという話の2パターンが出ている。

2020年08月までに、五代目山健組は神戸山口組から離脱し、脱退の挨拶状が発表されたが、五代目山健組の幹部ら計20人は神戸山口組に残留した。09月に五代目山健組の中田浩司組長は神戸山口組から除籍処分された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_5617

2020年08月、神戸山口組から離脱した五代目山健組が、神戸山口組に残留した五代目山健組の幹部らを処分したと報じられた。五代目山健組は神戸山口組の中核組織だったが、2020年07月に神戸山口組を離脱。その際、離脱に異を唱えた五代目山健組の幹部らが神戸山口組に残留していた。

五代目山健組で若頭を務めていた與則和や、初代山健組からの古参組長である最高顧問の宝満国広など、神戸山口組に残留していた計20名が処分されたとみられていて、五代目山健組の分裂は確実なものとなった。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image

2018年03月08日、去年09月に発生した任侠山口組『織田絆誠』代表銃撃事件で、犯人として指名手配されている菱川龍己の交際相手の女が犯人隠避の疑いで逮捕された。

この事件は2017年09月12日に兵庫県神戸市長田区五番町3の路上で発生し、織田代表が乗る車列が襲撃されボディーガード役の組員が射殺された。09月16日に神戸山口組『四代目山健組』傘下『二代目一勢会』組員の黒木こと菱川龍己が指名手配されたが、いまだ行方は分かっていない。

2020年09月08日、逮捕されていた交際相手の女が不起訴処分となった。事件から約3年が経過したが、いまだ菱川龍己の行方は分かっていない。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_5053

2020年07月31日までに、兵庫県神戸市にある風俗店からあいさつ料を受け取っていたとして、神戸山口組幹部の『四代目大門会』会長と神戸山口組『五代目山健組』組員が県暴排条例違反の疑いで逮捕された。警察があいさつ料を受け取った五代目山健組組員の資金の流れを調べたところ、四代目大門会会長にも一部が流れていることが判明したという。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ