神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は神戸山口組と任俠団体山口組を中心に、山口組分裂騒動や暴力団組織について研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:引退



2019年12月03日、六代目山口組顧問だった初代心腹会『尾崎彰春』元会長が亡くなった。89歳だった。尾崎元会長は1950年代に三代目山口組『安原会』で活動を始め、1968年に三代目山口組の直参に昇格。四代目~五代目山口組で舎弟を務め、六代目山口組では顧問に就任。2011年に引退。

尾崎元会長は長い直参生活の中で一度も執行部職に起用されることは無く、表舞台にはあまり登場しなかったが、田岡三代目からの信頼が厚く、山口組影の実力者だったとされる。続きを読む

FullSizeRender

2019年11月13日頃、六代目山口組統括委員長の極心連合会『橋本弘文』会長が引退することが発表された。橋本会長は二~三代目山健組で要職を歴任し、2005年に五代目山口組の直参へ昇格。六代目山口組体制でナンバー3~4の重責を担い、高山若頭の収監中は若頭に代わって執行部を切り盛りした。

山口組分裂後の2015年12月、橋本会長の引退or離脱騒動が発生し、一時は行方不明にもなったが、引退や離脱を撤回し、六代目山口組に残留し現役続行していた。高山若頭が出所して現場復帰すると、高山若頭に引退の意思を伝え、正式に引退が決まったとみられる。続きを読む

FullSizeRender

2019年07月29日、元六代目山口組若中で『天野組』組長だった天野洋志穂が、週刊ポストにて芸能人との交際について語っている。天野元組長は俳優の故・勝新太郎さんと数十年にわたって付き合いがあったといい、社会問題になっている芸人と反社会勢力との関係については、「スケールが小さ過ぎてイヤになるわ」などと話している。

天野元組長は三代目山口組『菅谷組』~『波谷組』~五代目山口組『宅見組』などを経て、1999年に五代目山口組の直参に昇格。2008年に六代目山口組から除籍され、渡世から引退していた。続きを読む

IMG_5635

BSスカパー!で放送されている『ダラケ! 〜お金を払ってでも見たいクイズ〜』という番組で『山口組ダラケ第2弾! 組長襲来SP』が放送されます。

ダラケ!は2014年から放送されている、芸人の千原ジュニアさんが司会で、テーマに合ったゲストを数人呼び、話を伺いながらクイズを出題するという、クイズバラエティー番組。

元山口組系の3人の組長が出演するとのことで、ヤクザウォッチャーにとってはたまらない内容となっているようです。続きを読む

honda

2016年08月19日00時50分頃、宮崎県宮崎市の路上で乱闘事件があり、元六代目山口組『四代目石井一家』系組員が病院で死亡したという情報があった。組員らは神戸山口組『池田組』傘下『志龍会』系組員らとトラブルになったという情報もあるが、詳細はまだよく分からない。

2016年08月21日、宮崎県警は集団的暴行の疑いで現場から立ち去った暴力団員ら数人の逮捕状を取った。2016年08月22日、神戸山口組『池田組』傘下『志龍会』理事長補佐の傘下『健成会』会長と若頭2人が出頭し、逮捕された。死亡した元組員と一緒にいた知人2人を暴行したという容疑での逮捕のようだ。

2016年08月25日、神戸山口組『池田組』傘下『志龍会』本部長ら2人が出頭し逮捕された。同日には『志龍会』の上部団体で岡山市北区にある『池田組』に家宅捜索が入った。2016年08月30日には神戸山口組『池田組』若頭代行の傘下『志龍会』会長が逮捕された。09月03日に『志龍会』舎弟ら2人が逮捕され、09月04日には『志龍会』組員ら2人が逮捕された。

2016年09月05日、神戸山口組『池田組』傘下『志龍会』副会長ら2人が逮捕され、09月12日には職業不詳の男も逮捕され、これでこの事件の逮捕者は12人となった。09月13日、逮捕されていた神戸山口組『池田組』傘下『志龍会』理事長補佐の傘下『健成会』会長と若頭の2人が再逮捕され、09月15日に逮捕されていた神戸山口組『池田組』傘下『志龍会』本部長ら2人が再逮捕、09月21日には逮捕されていた神戸山口組『池田組』若頭代行の『志龍会』会長が再逮捕された。

2016年12月05日、逮捕されていた『志龍会』理事長補佐の『健成会』会長ら2人の初公判が宮崎地裁で開かれた。被害者らは『志龍会』事務所前に車で様子を見に行き、外出から戻ってきた組員らの車と鉢合わせとなり、口論から暴行に発展したということが明らかになった。2017年01月17日、『健成会』会長ら2人の判決公判が開かれ、死亡した元組員と一緒にいた男性に暴行した傷害事件で、裁判官は懲役1年6箇月(求刑懲役2年)の実刑判決を言い渡した。

2017年09月13日、逮捕されていた『志龍会』若中の『龍克会』会長ら2人の初公判が開かれ、龍克会会長は「死ぬかと思って刺したが共謀はしていない」と述べた。11月01日、『龍克会』会長ら2人の論告求刑公判で、検察は懲役20年を求刑した。11月30日、逮捕されていた『志龍会』本部長の『二代目誠龍会』会長の判決公判が開かれ、死亡した元組員と一緒にいた男性に暴行した傷害事件で、裁判長は懲役1年の判決を下した。

2018年02月22日、『龍克会』会長ら2人の判決公判が開かれ、裁判長は懲役14~16年の判決を下した。11月01日、『龍克会』会長の二審の判決公判が開かれ、裁判長は1審の懲役14年を破棄し、無罪を言い渡した。

2018年11月15日、期限までに宮崎高検が上告しなかったため、『龍克会』会長の無罪判決が確定した。2019年03月28日、被害者の遺族が『龍克会』会長ら2人に損害賠償を求めた訴訟の判決公判が開かれ、裁判長は2人に計3760万円の支払いを命じた。続きを読む

FullSizeRender

2019年02月20日までに、元六代目山口組系組長と妻が、詐欺などの疑いで逮捕された。逮捕容疑は東京都目黒区にあるマンションの郵便受けから、クレジットカードの配達不在票を盗み、運転免許証を偽造し、クレジットカードを騙し取ったというもの。 続きを読む

image
有罪判決を受けた二代目輝侠会元会長

2018年04月頃、任侠山口組直参の『二代目輝侠会』会長が詐欺の疑いで逮捕された。逮捕容疑は暴力団であることを隠して生活保護を受給していたというもので、逮捕後に二代目輝侠会会長は任侠山口組から脱退した。

この二代目輝侠会元会長は若い頃に暴力団員として活動した後に引退し、整体師として関西圏や海外に事業を展開して成功していたが破綻状態に陥り、任侠山口組に加入したが、会費も生活保護費で支払う状況だったという。 続きを読む

IMG_5020

2018年12月に、五代目山口組若頭補佐だった中野会『中野太郎』元会長の書籍が2冊発売されるという。中野元会長は今さら説明するまでも無く、伝説の極道と言って差し支えの無い人物。ここ数年、数人の山口組元直参組長が本を出版していて、中野元会長の本もほのかに期待されていたが、ついに中野元会長本人が著者で本が発売されることとなった。 続きを読む

IMG_5022

2018年12月に書籍を発売する、五代目山口組若頭補佐だった中野会『中野太郎』元会長とはいったい何者なのか。ネットや雑誌などの情報を基に、経歴をまとめてみる。

 ⇒ 関連記事 
五代目山口組若頭補佐だった中野会『中野太郎』元会長の本がついに発売される
続きを読む

IMG_5074

2018年12月07日、六代目山口組系元組員が恐喝の疑いで逮捕された。逮捕容疑は東京都墨田区のJR錦糸町駅の近くの路上で、通行人の男性人に「タバコの灰がかかった」と因縁を付け、指詰めした手を見せて「俺はこういう世界にいるんだけど」などと言い、現金計7万円を脅し取ったというもの。 続きを読む

↑このページのトップヘ