神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は山口組分裂騒動を中心に、暴力団組織、反社会勢力、半グレ、それらに関連する事件などについて研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:強要

satake1

2021年09月15日、裁判所への申し立てを取り下げるよう、京都の料亭を所有していた男性を脅したとして、六代目山口組『三代目弘道会』傘下『三代目高山組』系組長ら2人が強要の疑いで逮捕された。

男性は料亭の所有権を別の人物に移転させたがトラブルがあり、裁判所に仮処分を申し立てていたという。男性は組長らに脅されたため、裁判所への申し立てを取り下げていたとみられている。

2021年10月07日、逮捕されていた三代目高山組系組長ら2人と、新たに組員ら2人が強要の疑いで逮捕された。男性を脅して無理やり合意書に署名・捺印をさせていたという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4534

2021年09月09日、知人男性を脅してマンション2部屋を無理やり貸与させたとして、六代目山口組若頭補佐で『四代目倉本組』組長の津田力と妻が強要などの疑いで逮捕された。津田組長らは和歌山で開かれた会合に出席する幹部らの宿泊場所を確保するため、犯行に及んだとみられている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Kobe

2021年07月13日までに、組員の離脱を阻止したとして、神戸山口組系組長ら2人が強要の疑いで逮捕された。組員が離脱する旨を伝えたところ、組長は「今はちょっと待て」と言って離脱を妨害したという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ichinose1

2021年02月24日、自身の子どもとトラブルになった同級生の親を自宅に呼び出し、脅して土下座を強要したとして、六代目山口組『三代目弘道会』系組員が強要の疑いで逮捕された。組員は自身が暴力団であることを示し、刺青を見せて犯行に及んでいたという。

2021年05月、逮捕されていた六代目山口組『三代目弘道会』系組員の判決公判で、裁判長は執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

muranaka1

2021年06月07日までに、知人男性を脅して組事務所で3日間働かせたとして、六代目山口組系幹部が強要の疑いで逮捕された。幹部は04月に覚醒剤を所持していたとして逮捕されていた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Roku

2021年05月31日までに、知人男性を殴り翌日に被害届を出さないよう脅したとして、六代目山口組『三代目弘道会』系組長ら4人が傷害や強要の疑いで逮捕された。組員が知人男性に暴行を加え、組長が翌日に男性を呼び出し「被害届出すなよ。出したらどうなるか分かるな」などと言って脅したという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

chijiwa1

2021年06月01日までに、岡山県倉敷市の保健所に電話を掛け、新型コロナの患者より自身を優先して入院させるよう強要しようとしたとして、六代目山口組『三代目杉本組』組員が強要未遂の疑いで逮捕された。組員は電話で「組のもんじゃ、ワシひとりの身体じゃねんじゃ、皆入院できるのを待っとんじゃ」などと怒鳴ったという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

hashimoto16

2021年04月05日、知人男性に無理やり金銭借用書を書かせて金を貸し付けたとして、元福岡県みやこ町議の男と太州会若頭が強要の疑いで逮捕された。元町議の男は、「俺の上に誰がおるか分かっとんか。お前の店やら会社やら売ってでも金を払わんか」などと言って脅し、利子を得る目的で太州会若頭が金を貸し付けたという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Roku

2020年06月18日、知人男性を脅して焼肉屋の名義人にさせた上、店でタダ働きをさせたとして、六代目山口組『三代目織田組』幹部ら4人が強要の疑いで逮捕された。男性は野球賭博で借金があり、給料を全額没収されていたという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

FullSizeRender

2019年09月16日、大阪ミナミの半グレグループ幹部でテポドンと呼ばれる飲食店経営者と、19歳の少年が強要の疑いで逮捕された。逮捕容疑は少年に殴られた男性が被害届を出そうとしたため、半グレ幹部が男性に「誰に口きいとんねん、言う通りにしとけや」などと言い、示談書に署名捺印させたというもの。

この半グレ幹部は07月にNHKスペシャルの半グレ特集に出演していたが、08月に自身の店の従業員と売上金を巡ってトラブルになり、恐喝未遂の疑いで逮捕されていた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ