image

2016年02月10日、神戸山口組『四代目山健組』傘下『與組』最高顧問の傘下『誠心会』会長らが覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで逮捕されたという情報があった。逮捕容疑は鹿児島県沖の洋上で外国船から覚せい剤を密輸したというもので、覚せい剤は約100kg、末端価格70億円というかなりの量だ。この事件で『誠心会』の会長と三役の全員が逮捕され、起訴されている。

2017年09月04日、逮捕されていた『與組』最高顧問と『健國会』元幹部の計2人の初公判が開かれ、2人は密輸入については起訴内容を認め、覚せい剤の営利目的所持は否認した。09月12日の公判で検察は與組最高顧問に懲役25年、健國会元幹部に懲役30年を求刑した。

2017年09月22日、『與組』最高顧問ら2人の判決公判が開かれ、裁判長は與組最高顧問に懲役25年・罰金1000万円、健國会元幹部に懲役27年・罰金1000万円の判決を言い渡した。2人の上にはさらに首謀者がいるようで、首謀者⇒健國会元幹部⇒與組最高顧問という流れで事件が計画されたようだ。

2017年11月20日、逮捕されていた『與組』傘下『誠心会』舎弟頭ら計3人の判決公判が福岡地裁で開かれ、裁判長は3人にそれぞれ懲役17年・罰金600万円の判決を下した。 続きを読む