神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は山口組分裂騒動を中心に、暴力団組織、反社会勢力、半グレ、それらに関連する事件などについて研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:東京

yamamoto17

2022年01月11日までに、東京都葛飾区にあるキャバクラ店などからみかじめ料を脅し取っていたとして、元神戸山口組『二代目誠会』幹部ら3人が恐喝の疑いで逮捕された。これまでに200万円以上のみかじめ料を受け取っていたとみられている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

yamamotomaaku1

2021年10月21日までに、JR池袋駅前で乱闘したとして、住吉会系組員ら12人が暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕された。組員らは2つのグループで別々に飲食店で酒を飲み酔っていて、たまたま路上で2つのグループが出くわし、口論から乱闘に発展したとみられている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

abe6

2021年08月29日、自宅で知人男性を凶器で殴って殺害したとして、六代目山口組系幹部が殺人の疑いで逮捕された。幹部は自ら110番通報しており、警察に「自宅で一緒にお酒を飲んでいたら、暴れ出したから押さえつけただけ」と話しているという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

jyan1

2021年08月03日、覚醒剤をアメリカから密輸したとして、チャイニーズドラゴン(怒羅権)元リーダーが覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕された。元リーダーは指示役だとみられていて、覚醒剤8kg以上をロウソク台の中に隠して航空貨物で送っていたという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

kenny-g3

2021年07月07日、自宅で覚醒剤や大麻を所持していたとして、住吉会系組員でラッパーのKENNY-Gが覚醒剤取締法違反(所持)などの疑いで逮捕された。

KENNY-Gは覆面を被るなど顔の一部を隠したスタイルでラップ活動をしていて、人気のラップグループ『舐達麻』との楽曲はYouTubeで800万回以上再生されるなど、現役アウトローラッパーとして注目されていた。

2021年07月27日には覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで再逮捕され、住吉会『十三代目幸平一家』傘下『堺組』の組事務所に捜索が入った。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

hamaguchi4

2021年06月09日までに、知人男性から現金2000万円を脅し取ったとして、元六代目山口組『五代目國粹会』舎弟頭の『十三代目生井一家』元総長が恐喝の疑いで逮捕された。元総長はモデルガンを突きつけて犯行に及んでいたという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

murota1

2021年06月03日までに、自宅で大麻や覚せい剤を所持していたとして、六代目山口組『三代目弘道会』系組員が大麻取締法違反などの疑いで逮捕された。組員は05月に身分を隠して口座を開設した詐欺の疑いで逮捕されていて、家宅捜索の際に大麻などが発見されたという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

oooka1

2021年05月12日までに、知人男性から現金1500万円などを脅し取ったとして、六代目山口組系組員ら4人が恐喝の疑いで逮捕された。組員らは現金の他に、車や腕時計も脅し取っていたという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Kobe

2021年04月27日、特殊詐欺グループの統括役などとみられる、神戸山口組『二代目宅見組』傘下『須藤会』幹部ら3人が詐欺や窃盗の疑いで逮捕された。幹部らはSNSで闇バイトと称して実行犯らを募り、京都府内で特殊詐欺を繰り返していたとみられている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

kuromusya1

2019年02月07日、東京・赤坂の路上で男性2人から現金約8300万円が入ったバッグを強奪したとして、六代目山口組系組員が強盗致傷の疑いで逮捕された。実行犯3人も既に逮捕されている。

2019年02月19日に大学生の少年、03月07日に元六代目山口組系組員、05月07日までに配管工の男、07月03日までに六代目山口組関係者ら2人が、犯行に関与したとして逮捕された

2019年09月04日には新たに18歳の少年が逮捕された。この少年は事件後、実行犯に暴行を加え、実行犯が強盗した8300万円をさらに強盗したという。2020年02月25日までに新たに神戸山口組系組員が逮捕された。

2021年03月16日、新たに指名手配されていた神戸山口組系組員が逮捕された。この事件ではこれまでに計21人が逮捕されていて、奪われた現金はまだ見つかっていない。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ