神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は神戸山口組と任俠団体山口組を中心に、山口組分裂騒動や暴力団組織について研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:東京

IMG_6221

2019年08月01日、六代目山口組系組員ら2人が強盗傷害などの疑いで逮捕された。逮捕容疑は東京都品川区にある高齢男性の自宅に押し入り、住民を殴って粘着テープで縛るも、金品が見つからず電話機だけ奪って逃走したというもの。続きを読む

IMG_6220

2019年07月30日、六代目山口組系組長ら7人が恐喝未遂の疑いで逮捕された。逮捕容疑は違法カジノで負けた客を呼び出し、現金1200万円を脅し取ろうとしたというもの。続きを読む

IMG_6133

2019年01月21日夜、東京都新宿区歌舞伎町のカラオケ店で発砲事件があり、住吉会系元組員の男性が銃で撃たれて亡くなった。犯人は住吉会系組員だとされ、現場から逃走している。女性をめぐるトラブルの可能性があり、内輪揉めだとみられている。

2019年01月24日、逃走中の住吉会系組員が指名手配された。01月30日、この事件の関係先として、東京都杉並区にある住吉会『向後睦会五代目』の事務所に家宅捜索が入った。逃走中の住吉会系組員は数箇月前に覚せい剤を使用した罪で逮捕され、事件当時は保釈中だったという。

2019年07月11日、指名手配されていた住吉会系組員が東京都江戸川区で発見され、銃刀法違反の疑いで逮捕された。続きを読む

IMG_6049

2019年02月07日、六代目山口組系組員が強盗致傷の疑いで逮捕された。逮捕容疑は東京都港区赤坂の路上で、男性2人から現金約8300万円が入ったバッグを強奪したというもの。実行犯3人が既に逮捕されている。

2019年02月19日、新たに横浜に住む大学生の少年が強盗致傷の疑いで逮捕された。03月07日、新たに元六代目山口組系組員が強盗致傷の疑いで逮捕された。05月07日までに、新たに配管工の男が強盗傷害の疑いで逮捕された。

この事件の逮捕者は六代目山口組系組員2人を含む計7人となり、新たに逮捕された男を除く6人はすでに起訴されている。

2019年07月03日までに、新たに六代目山口組関係者ら2人が逮捕され、事件の逮捕者は計9人となった。新たに逮捕されたうち1人が首謀者で、もう1人はSNSで犯行仲間を集めていたとみられている。 続きを読む

FullSizeRender

2019年06月12日までに、二代目関東関根組幹部の『渡辺一家三代目』総長ら2人が、東京都暴力団排除条例違反の疑いで逮捕された。逮捕容疑は都の条例で禁止されている区域である、専門学校から半径200m以内にある東京都台東区のマンションの一室を借り、組事務所として運営したというもの。 続きを読む

IMG_5946

2019年06月04日、東京都福生市を拠点とする不良グループの元メンバーが、傷害の疑いで逮捕された。逮捕容疑は、知人の暴力団組員が自分を無視したことに腹を立て、東京都立川市にあるコンビニまで追いかけてワインボトルで暴行したというもの。

2019年06月11日、新たに加害者グループ2人が逮捕され、被害者の組員も瓶を投げて反撃したとして逮捕された。 続きを読む

IMG_5870

2019年05月27日までに、住吉会系組員2人を含む数人が、偽造通貨行使の疑いで逮捕された。逮捕容疑は東京や千葉などのコンビニや商店で、偽造したニセの1万円札を使用し、お釣りを受け取ったというもの。

住吉会系組員2人は、暴力団組織からお金を工面するよう要求されていたとみられ、偽札はカラーコピーやプリンターで作成されていた。続きを読む

FullSizeRender

2019年05月25日、六代目山口組『旭導会』幹部と組員の計2人が、詐欺の疑いで逮捕された。逮捕容疑は暴力団であることを隠し、東京都港区のマンション一室を借りたというもの。この部屋が振り込め詐欺の拠点になっていた可能性があるとみて、警察は捜査している。

2019年05月29日、この事件の関係先として、北海道旭川市にある旭導会の本部事務所に家宅捜索が入った。 続きを読む

IMG_5865

2019年05月27日、六代目山口組系組員が脅迫の疑いで逮捕された。逮捕容疑は東京都渋谷区の路上で、クラブ従業員に「誰の許可取ってやってんだ。払うもん払ってねえだろ」と言って脅したというもの。続きを読む

警察庁

2019年05月17日、暴力団を担当する警視庁組対4課の巡査長の男が、地方公務員法違反の疑いで書類送検された。送検容疑は暴力団関係の事件の捜査協力者3人に、事件の被疑者9人分の顔写真や住所など、捜査情報をLINEで送信したというもの。

巡査長は停職1箇月の懲戒処分となったが、依願退職した。 続きを読む

↑このページのトップヘ