神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は山口組分裂騒動を中心に、暴力団組織、反社会勢力、半グレ、それらに関連する事件などについて研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:絶縁

バナー-川口和秀-01

2022年02月末、二代目東組副組長を務める、二代目清勇会の川口和秀会長が絶縁されたという情報が広まった。

川口会長は組員の誤射事件で罪を問われ、計22年の拘禁生活を経て、2010年末に出所。多数のメディアから取材を受け、映画『ヤクザと憲法』にも出演するなど、二代目東組の顔となっていた。

川口会長は引退せずにヤクザを継続するといった噂が出ていたが、絶縁処分を受け入れ、引退したとされる。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4159

2018年02月11日、神戸山口組『四代目山健組』統括委員長で『二代目兼一会』会長の植野雄仁が、四代目山健組から絶縁処分されたという情報があった。二代目兼一会は大阪のミナミでは有名な組織で、武闘派として名を馳せ、半グレとの関りも指摘されていた。二代目兼一会は同じ神戸山口組傘下の太田興業とトラブルになっており、和解案に植野会長が反発したことが絶縁の主な理由とされる。

二代目兼一会は2018年02月に四代目山健組から絶縁処分され、六代目山口組『極心連合会』に移籍。極心連合会副会長を務め、2019年11月に六代目山口組の直参に昇格した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

CNvLtuWUAAIWQji

山口組から離脱する山健組や宅見組などを処分した六代目山口組の絶縁・破門状が出回っている。 

2015年08月31日に工藤明男という人物がTwitterにアップしてそこから拡散されたようだ。絶縁・破門状は2015年08月27日付とされる。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

↑このページのトップヘ