神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は山口組分裂騒動を中心に、暴力団組織、反社会勢力、半グレ、それらに関連する事件などについて研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:英組

fujita11

2022年07月02日夜、東京都江戸川区の路上で、六代目山口組『三代目弘道会』系組織の関係者とみられる男性が、何者かに刃物で切り付けられる事件が発生した。男性は軽傷で命に別条はなかった。犯人は逃走しているとみられる。

現場には神戸山口組の関係者とみられる男性が居たということで、警察が抗争事件の可能性も視野に捜査している。 

2022年07月12日、この事件に関与したとみられる、神戸山口組若頭補佐の二代目英組組長ら2人が、傷害の疑いで逮捕された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

hanabusa1

2021年03月21日、五代目山口組若頭補佐を務めた英組の英五郎元組長が、病気のため亡くなった。85歳だった。英元組長は1984年に直参に昇格し、五代目山口組で若頭補佐に起用され、六代目山口組で舎弟となり、2013年に引退。

約20年前からサイトを立ち上げて毎日ブログを更新するなど、インターネットに明るい名物組長だった。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

FullSizeRender

2019年06月28日、神戸山口組若頭補佐の『二代目英組』組長が、暴力行為等処罰法違反や脅迫の疑いで逮捕された。二代目英組組長らは組を辞める意思を示した組員の男性に、電話で「きっちりケジメつけたる。どこに逃げても追い込んだる」などと言って脅したとされる。

2019年07月24日、脱退を申し出た組員の知人を脅したとして、二代目英組組長が再逮捕され、幹部ら4人も新たに逮捕された。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

fujita

2016年10月25日、神戸山口組若中で『二代目英組』組長の藤田恭道こと藤田恭右が暴力行為等処罰法違反と傷害と監禁の疑いで逮捕されたという情報があった。逮捕容疑は兵庫県尼崎市の路上で通行人の10人グループとケンカになり、男性の顔や頭部に暴行を加え、乗用車に乗せて監禁、約20分後に解放したというもの。

2016年11月17日、今度は他人名義で銀行口座を開設したとして、藤田恭道ら3人が詐欺の疑いで逮捕され、翌日には神戸山口組の本部である『侠友会』の事務所に家宅捜索が入った。

2016年12月07日、 他人名義の口座を使ってヤミ金を経営していたとして藤田恭道ら2人が逮捕された。約300人に1億円以上を貸し付け、総額約2億円の利益があったとみられているようだ。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

Roku

2016年04月15日、六代目山口組若中で『朋友会』会長の高島伸佳らが窃盗の疑いで逮捕されたという情報があった。高島は『英組』の出身で、英組が解散後に地盤を継承して六代目山口組の直参になっていた。この古巣である英組の元事務所から、歴代組長の肖像画や代紋入りの旗など約200点を無断で持ち出していたようだ。

2016年05月11日、神戸地検は逮捕されていた高島伸佳らを不起訴処分とした。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

img_20131028_1736481

2015年12月07日、元六代目山口組舎弟で『初代英組』組長だった英五郎の自宅に空き巣が入ったという情報があった。

英五郎は1984年に『小西一家』から内部昇格で直参となって、五代目山口組で若頭補佐、六代目山口組で舎弟を歴任して2013年に引退していた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

img_20131028_1744271

2015年10月15日頃、六代目山口組から絶縁されていた、元六代目山口組若中で二代目英組組長の藤田恭道が、神戸山口組若中で復帰したという情報があった。山口組分裂以降は両組織ともに絶縁・破門者の復帰を働きかけているという。この復帰した藤田組長について、ネットや雑誌の情報を基に経歴をまとめてみることにする。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

↑このページのトップヘ