神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は山口組分裂騒動を中心に、暴力団組織、反社会勢力、半グレ、それらに関連する事件などについて研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:記者会見

kaiken

2017年08月27日に行われた任侠山口組の記者会見の全文。

 ⇒ 関連記事 
任侠山口組が2度目の記者会見を開催

 ⇒ 前回の会見 
任侠山口組の記者会見 1回目 全文
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image

2017年04月30日に行われた任侠山口組(当時は任俠団体山口組)の記者会見の全文。

 ⇒ 関連記事 
神戸山口組が分裂...織田絆誠を筆頭に新組織『任侠団体山口組』結成

 ⇒ 次回の会見 
任侠山口組の記者会見 2回目 全文
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

kaiken

2017年08月27日、六代目山口組が分裂し神戸山口組が結成されてから丸2年となる今日、神戸山口組からさらに分裂した任侠山口組が記者会見を開催した。任侠山口組は04月30日に結成発表の記者会見を行っており、今回で2回目となった。

 ⇒ 関連記事 
任侠山口組の記者会見 2回目 全文続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

oda2
神戸山口組を離脱して『任侠団体山口組』を結成した織田絆誠元神戸山口組若頭代行

2017年04月29日、神戸山口組が分裂するという衝撃的な情報があった。同日に四代目山健組の関連施設で神戸山口組の緊急集会が行われたが、神戸山口組若頭代行で四代目山健組副組長の織田絆誠ら数人の直参が欠席し、神戸山口組を脱退したという。織田絆誠は四代目山健組傘下の自身の派閥を含む約30団体を引き連れて離脱するとみられており、早ければ明日にも新組織を発足させる予定だという。

2015年08月末に六代目山口組が分裂して神戸山口組が結成されてから約1年8箇月、13人だった直参は25人にまで増え、直参の離脱や引退はこれまで一度も無く、直系組長の数が減ることはなかった。六代目山口組の分裂~神戸山口組の結成で一番注目され、和解交渉を行ってきた織田絆誠を筆頭に直参数名が一気に離脱するということで、神戸山口組は結成して以来最大の危機を迎えている。

2017年04月30日、織田絆誠ら神戸山口組から離脱した団体の幹部が兵庫県尼崎市にある二代目古川組の本部に集まり、新組織『任俠団体山口組』を結成したとのことで、神戸山口組から離脱した新組織側が会合のあとの記者会見で新組織名を発表したとみられる。六代目山口組から分裂した神戸山口組がさらに分裂して任侠団体山口組が設立されるという、劇的な展開となった。

 ⇒ 関連記事 
任侠山口組の記者会見 1回目 全文続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

w45a3

2015年10月20日、暴力団に詳しいジャーナリストの第一人者である溝口敦と、長年暴力団と対峙して来た弁護士の久保利英明が日本外国特派員協会で会見を行っていた。

山口組が分裂して以降、溝口敦が公の場所で会見を行ったのは初めてで、会場には海外や日本の記者が沢山集まっており注目度が高かったようだ。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ