神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は神戸山口組と任俠団体山口組を中心に、山口組分裂騒動や暴力団組織について研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:警察

Roku

2020年04月09日、車で警察官を轢いたとして、六代目山口組関係者とみられる男が公務執行妨害と傷害の疑いで逮捕された。男は警察官の職務質問から逃れようとして、突然車をバックさせて警察官を轢いたという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

警察庁

2020年02月28日発売の写真週刊誌『FRIDAY』は、暴力団を担当する警視庁の刑事が、住吉会系組長に紹介された女性と2人でラブホテルに入って行ったと報じた。現職のマル暴刑事が暴力団から性接待を受けていたという、あってはならない癒着が明るみに出た。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

tokutei2

2019年12月23日、六代目山口組と神戸山口組を特定抗争指定暴力団に指定する手続きのため、大阪府公安委員会は大阪府警本部で神戸山口組から意見を聴取する機会を設け、神戸山口組若頭補佐の二代目黒誠会『剣政和』会長が出席した。

これまで公安委員会が行う意見聴取会では、組側は誰も出席しないのが定番となっていたが、今回の意見聴取には神戸山口組本家幹部が珍しく出席し、意見を述べたとみられる。

2020年01月07日、兵庫・大阪・京都・三重・岐阜・愛知の6府県の公安委員会は、六代目山口組と神戸山口組を特定抗争指定暴力団に指定し、同日の官報に公示された。これにより両山口組は警戒区域に設定された6府県の計10市での活動が大幅に制限される。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

koan1

2019年10月11日、兵庫県警は暴対法に基づき、六代目山口組と神戸山口組の両組織の本部など11箇所の事務所に対し、使用を制限する仮命令を出した。兵庫県公安委員会が本命令を出すと、組事務所の使用が3箇月のあいだ禁止される。

2019年08月に神戸市中央区にある六代目山口組『三代目弘道会』の神戸事務所前で、傘下組員が銃撃される事件があり、10月10日には兵庫県神戸市にある神戸山口組『五代目山健組』の本部事務所の横で、傘下組員2人が銃撃される事件もあり、山口組分裂抗争が深刻化していた。組事務所の周辺で拳銃を使った事件が多発していることで、近隣住民に重大な悪影響が出ているとみられる。

2019年10月13日、大阪府警と愛知県警と岐阜県警も、組事務所の使用を制限する仮命令を出した。愛知県名古屋市にある六代目山口組『三代目弘道会』本部や、岐阜県岐阜市にある『三代目弘道会』傘下『野内組』など、複数の事務所の使用が禁止される。仮命令は4府県で計20箇所となった。

2019年10月17日、兵庫県公安委員会は六代目山口組から意見聴取をする場を設けたが、六代目山口組側は欠席。20日に神戸山口組への意見聴取も行われたが、神戸山口組側は欠席。23日には愛知県公安委員会が六代目山口組『三代目弘道会』への意見聴取を行ったが、三代目弘道会側は欠席した。

2019年11月06日に愛知県公安委員会が組事務所3箇所への本命令を出し、11月15日には兵庫県・大阪府・愛知県・岐阜県の公安委員会が16箇所への本命令を出した。これにより計19箇所の組事務所の使用が3箇月のあいだ禁止される。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_6598

2019年09月24日、京都府警の巡査長の男が捜査対象者に捜査情報を漏洩したとして、飲食店経営者の男が巡査長に捜査情報を教えるようそそのかしたとして、それぞれ地方公務員法違反の疑いで逮捕された。

経営者は監禁傷害事件で捜査対象者だったが、巡査長が本人に逮捕日を教えたため、経営者は1週間のあいだ逃亡を図っていた。巡査長は見返りに現金を受け取っていたとみられている。

2019年10月05日、逮捕されていた巡査長が収賄の疑いで、飲食店経営者が贈賄の疑いで再逮捕された。巡査長は飲食店経営者から現金200万円を受け取っていた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

FullSizeRender

2019年09月22日、大阪市中央区にある大阪府警の本部で、男性警部補が拳銃の点検中に誤って実弾1発を発射していたことが分かった。警部補は点検のため拳銃を分解して再び組み立て、空撃ちしようとしたところ実弾が発射された。ケガ人はなかった。

警部補は「弾が入っているとは思わなかった」と話しているということで、弾が装填されていないか確認するのを怠ったことが原因だとみられている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_6175

2019年07月21日、六代目山口組系組長が、公務執行妨害と器物損壊の疑いで現行犯逮捕された。組長は路上で泥酔し、警察に保護されたが、パトカーの中で警察の無線コードを噛みちぎったという。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

警察庁

2019年05月17日、暴力団を担当する警視庁組対4課の巡査長の男が、地方公務員法違反の疑いで書類送検された。送検容疑は暴力団関係の事件の捜査協力者3人に、事件の被疑者9人分の顔写真や住所など、捜査情報をLINEで送信したというもの。

巡査長は停職1箇月の懲戒処分となったが、依願退職した。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

FullSizeRender

2019年02月13日、投資コンサルティング会社『テキシアジャパンホールディングス』会長の銅子正人、幹部会員の元岡山県警警察官、六代目山口組『三代目弘道会』傘下『野内組』幹部など、計10人が詐欺の疑いで逮捕された。

逮捕容疑は会社役員の男性ら3人に架空の投資話を持ち掛け、元本保証や高配当を約束し、計6400万円を騙し取ったというもの。銅子会長はキングと名乗り、コンサートを開いたり神社の宮司になるなどして自身を神格化し、日本を元気にすると銘打って出資者を募っていた。

ネズミ講のようなピラミッド型の組織で会員を増やして行き、全国の約1万3000人から計約460億円を集めていたとみられていて、警察は元警官や暴力団幹部が絡んだ巨額投資詐欺事件と見て捜査を進めている。

2019年02月22日、この事件の関係先として、岐阜県岐阜市にある野内組の本部事務所に家宅捜索が入った。03月06日、テキシア会長ら計10人が、別の6人に同様の手口で詐欺を働いたとして再逮捕される方針。

2019年03月27日、テキシア会長ら9人が出資法違反などの罪で起訴された。野内組幹部は不起訴処分となった。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_5437

2019年03月14日、六代目山口組『良知組』幹部が、覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された。東京都千代田区の路上で警察に職務質問されて、使用が発覚したという。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ