神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は山口組分裂騒動を中心に、暴力団組織、反社会勢力、半グレ、それらに関連する事件などについて研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:警戒区域

tokutei2

2020年01月07日、六代目山口組と神戸山口組の抗争が激化していることを受け、兵庫、大阪、京都、三重、岐阜、愛知の6府県で両山口組が特定抗争指定暴力団に指定された。

警戒区域は兵庫県が神戸市・尼崎市・姫路市・淡路市、大阪府が大阪市・豊中市、京都府が京都市、三重県が桑名市、岐阜県が岐阜市、愛知県が名古屋市。これにより両山口組は警戒区域に設定された6府県10市での活動が大幅に制限される。

2020年07月07日、岡山、鳥取、島根、愛媛の4県でも両山口組が特定抗争指定暴力団に指定された。警戒区域は岡山県が岡山市、鳥取県が米子市、島根県が松江市、愛媛県が四国中央市。また、愛知県のあま市と兵庫県の南あわじ市が警戒区域に追加された。

2020年10月07日に愛知県の武豊町が、12月11日に愛知県の刈谷市が、2021年01月22日に岡山県の倉敷市が警戒区域に追加された。2021年07月07日には岡山県の津山市が追加され、警戒区域は10府県20市町となった。

2021年10月07日に、警戒区域から岡山市が解除される予定となり、警戒区域は初めて減少して10府県19市町となる。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

yokomori3

2021年01月20日、特定抗争指定暴力団の警戒区域に大人数で集まったとして、神戸山口組『三代目熊本組』傘下『三代目藤健興業』幹部ら10人が暴力団対策法違反の疑いで逮捕され、三代目藤健興業組長ら3人が指名手配された。警戒区域に関する違反での逮捕は全国で初だとみられている。

2021年01月21日、指名手配されていた三代目藤健興業幹部1人が逮捕され、三代目藤健興業組長ら2人も出頭し、集団で集まっていた13人全員が逮捕された。

2021年02月10日、神戸山口組『三代目熊本組』傘下『三代目藤健興業』組長以外の12人が不起訴となり、三代目藤健興業組長は略式起訴された。同日に簡易裁判所から罰金50万円の命令が出され、組長は即日納付した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ