神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は神戸山口組と任俠団体山口組を中心に、山口組分裂騒動や暴力団組織について研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:車

IMG_6440

2019年01月29日夜、神戸市西区玉津町にある市営住宅の駐車場で、止めてあった任侠山口組『絆真会』会長の妻の車が、何者かに銃撃される事件が発生した。車の運転席側に数箇所の弾痕が見つかっていて、警察は山口組分裂による抗争事件の可能性もあるとみて捜査している。

2019年02月05日、この事件の犯人として六代目山口組『極心連合会』傘下『二代目兼一会』傘下『秀誠会』本部長が逮捕され、02月26日に再逮捕された。

車を撃たれた絆真会会長は元々は秀誠会の若頭だったが、秀誠会の創設者が組員数人を連れて六代目山口組へ出戻る際、任侠山口組に残留。任侠山口組に残った秀誠会組員を束ねて絆真会を結成し、任侠山口組の直参に昇格していたため、秀誠会の内部抗争とみられている。

2019年09月12日、秀誠会本部長の判決公判が開かれ、裁判長は懲役5年(求刑懲役6年)の実刑判決を下した。続きを読む

Kobe

2019年08月10日、神戸山口組系組員が、暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕された。組事務所の近辺に止めてあった車のエンジン音に腹を立て、車の持ち主の関係者を脅したというもの。続きを読む

IMG_5324
自宅にトラックが突っ込んだ、元任侠山口組総本部長補佐・四代目絆連合会長で、現在は六代目山口組三代目弘道会傘下野内組舎弟・二代目北村組組長の西川純史

2019年02月07日未明、元任侠山口組『四代目絆連合』会長で、現在は六代目山口組『三代目弘道会』傘下『野内組』舎弟である西川純史の、大阪市生野区にある自宅に軽トラックが突っ込む事件が発生した。玄関付近が破損したが、ケガ人は無かった。

西川純史は10年以上も任侠山口組の織田絆誠代表とともに歩んできたが、2018年09月に任侠山口組を離脱して六代目山口組へ移籍していた。

2019年05月14日、この事件の犯人として、飲食店店員ら2人が建造物損壊の疑いで逮捕された。07月03日、新たに指示役とみられる、神戸山口組『太田興業』幹部が建造物損壊などの疑いで逮捕された。続きを読む

IMG_5487

2019年04月03日、大分県大分市にある六代目山口組『四代目石井一家』傘下『三代目大友会』の事務所に家宅捜索が入り、傘下組長ら10人が傷害や暴行などの疑いで逮捕された。逮捕容疑は宮崎県宮崎市の路上で歩いていた男性に背後から車で衝突したり、別の男性が乗っている車に故意に車で衝突したりしたというもの。続きを読む

Kobe

2019年03月08日、神戸山口組系組員の男が、器物損壊の疑いで逮捕された。逮捕容疑は兵庫県姫路市の路上で、元交際相手の女性が別の男性の車で会いに来たことに立腹し、車を損壊したというもの。 続きを読む

Roku

2019年01月09日、六代目山口組『四代目誠友会』構成員が、過失運転致傷などの疑いで逮捕された。逮捕容疑は北海道函館市の路上で車を運転し、別の車と衝突事故を起こしたのに逃走したというもの。 続きを読む

IMG_5058

2018年12月04日、六代目山口組舎弟で『旭導会』会長の鈴木一彦ら2人が、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで逮捕された。逮捕容疑は実際の住所とは別の神戸市に住民票を移し、車の名義も神戸ナンバーに変更したというもの。 続きを読む

Roku

2018年10月03日、六代目山口組若中で『三代目岸本組』組長の野元信孝ら3人が、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで逮捕された。逮捕容疑は自身が所有する高級車の名義を、別人に変更したというもの。

2018年10月23日、三代目岸本組組長の野元信孝が詐欺の疑いで再逮捕された。再逮捕容疑は居住していない市に国民健康保険証を交付させ、医療機関10箇所で診察を受け、医療費の一部の支払いを免れたというもの続きを読む

IMG_4868

2018年09月28日、住吉会系組員ら4人が偽計業務妨害の疑いで逮捕された。逮捕容疑は障害者に交付される標章を不正に使用し、駐車違反の取り締まりを免れたというもの。

2018年10月16日、住吉会系組員1人が不起訴処分となり、残りの3人が略式起訴された。続きを読む

IMG_3806

2018年02月08日02時25分頃、大阪府大阪市西区にある任侠山口組『山本会』の事務所にトラックが突っ込んだ。事務所は無人で、ケガ人は無かった。前日に任侠山口組と神戸山口組系の組員がトラブルとなる事件も起こっていて、抗争の可能性もあるとみられている。

2018年10月11日、この事件の犯人として神戸山口組『奥浦組』幹部ら4人が逮捕された。続きを読む

↑このページのトップヘ