神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は神戸山口組と任俠団体山口組を中心に、山口組分裂騒動や暴力団組織について研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:道仁会

FullSizeRender

2019年06月19日、四代目道仁会『松永組』幹部ら2人が、銃刀法違反の疑いで逮捕された。逮捕容疑は福岡市中央区にある駐車場で、同じ組織の組員に拳銃と実弾を譲り渡したというもので、翌日には関係先として、福岡市博多区にある松永組の本部に家宅捜索が入った。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4629

2018年08月06日、六代目山口組系元組員と道仁会系幹部が殺人未遂の疑いで逮捕された。逮捕容疑は2013年に大阪市都島区のゲーム店で、六代目山口組系元会長とみられる男性を銃撃し、全治3週間のケガを負わせたというもの。背景には山口組内部の覚せい剤を巡るトラブルがあるとみられている。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_4515

2017年07月27日23時30分頃、福岡市博多区上川端町の路上で任侠山口組『植木会』幹部ら2人が銃撃される事件が発生した。発砲音は数回聞こえたとされるが、ケガ人はいないようだ。08月02日、この事件の関係先として四代目道仁会傘下の組事務所に家宅捜索が入った。

2017年09月11日、この事件の犯人として四代目道仁会『松永組』幹部ら計6人が殺人未遂などの疑いで逮捕され、他に犯行に関わったとされる3人の行方が追われている。09月20日、この事件の関係先として浪川会の本部事務所に家宅捜索が入った。

2017年10月04日、逮捕されていた四代目道仁会『松永組』幹部ら4人が起訴され、他の組員2人が処分保留で釈放された。10月11日、新たに浪川会『永石組』幹部が逮捕され、11月24日には神戸山口組『四代目山健組』傘下『小政組』副組長とみられる『香竜会』会長が逮捕された。

2018年06月12日、起訴されていた四代目道仁会系幹部ら2人の初公判が開かれ、2人は起訴内容を認めた。事件が起こったいきさつは、中州の利権をめぐる植木会との話し合いで、被害者の植木会幹部から拳銃を突き付けられたことへの報復だったようだ。

2018年06月22日、四代目道仁会系幹部ら2人の判決公判が開かれ、裁判長は指示役の幹部に懲役13年、拳銃を準備した幹部に懲役12年の判決を言い渡した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

image

2017年10月19日14時頃、福岡県大牟田市にある『浪川会』の本部事務所で発砲事件があった。事務所を訪ねてきた男が「知り合いに会わせて」と依頼し、組員が事務所の中に案内したところ拳銃を取り出したため揉み合いになり、2発発砲して組員はケガをした。男はその場で組員らに取り押さえられ、警察に引き渡された。男は道仁会系の元組員だとみられている。

2017年11月09日、逮捕されていた道仁会系元組員が殺人未遂の疑いで再逮捕された。元組員は「射殺された道仁会前会長のあだ討ちをするつもりだった」と供述しているという。

2018年05月22日、道仁会系元組員の論告求刑公判が開かれ、検察は懲役7年を求刑した。06月19日、道仁会系元組員の判決公判が開かれ、裁判長は懲役5年の実刑判決を下した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ