aizu1_Ink_LI

2017年01月10日、京都を拠点とする六代目会津小鉄会の内部でクーデターが発生したという情報があった。六代目会津小鉄会若頭の心誠会『原田昇』会長が七代目を襲名するというFAXが全国に送られたが、六代目会津小鉄会『馬場美次』会長は身に覚えがなく偽造されたものと否定、原田若頭を絶縁するというFAXを全国に送った。

翌日、京都市下京区にある会津小鉄会の本部に原田若頭派の組員らが集まったが、馬場会長を支援する神戸山口組系組員ら数十人が本部に乗り込み、原田若頭派の組員を追い出して本部を奪還。その後に馬場会長と神戸山口組直参数人が本部内で会合すると、原田若頭を支援する六代目山口組系組員ら数十人が集まって本部を取り囲み、警官や機動隊が大量に出動する騒ぎとなったようだ。

2017年01月12日、会津小鉄会をめぐって様々な情報が錯綜しているが、馬場会長が引退もしくは総裁に退き、六代目会津小鉄会顧問の四代目いろは会『金子利典』会長が七代目会津小鉄会会長を襲名するという情報が、現在のところ有力とみられている。

2017年01月21日、会津小鉄会が金子利典へ代替わりし、盃直しの襲名披露が執り行われた。馬場美次前会長は総裁となった。
続きを読む