神戸山口組を研究する会

『神戸山口組を研究する会(仮)』は山口組分裂騒動を中心に、暴力団組織、反社会勢力、半グレ、それらに関連する事件などについて研究する会のサイトです。

スポンサーリンク

タグ:YouTube

seki1

2022年10月03日、今年05月に六代目山口組『三代目弘道会』系組長がビルの隙間から遺体で発見された事件に絡み、組長が出入りしていた飲食店で、「犯人知ってるやろ」と店長を脅して飲食代などを踏み倒したとして、自称YouTuberら男女5人が恐喝の疑いで逮捕された。

このYouTuberは亡くなった組長の知人で、一緒に店に訪れたことがあったという。組長の事件では、トラブルになっていたペルー人の男らが09月に逮捕されている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

kawaguchi7

2022年06月、二代目東組副組長を務めた二代目清勇会の川口和秀元会長が、YouTubeチャンネル『KEI family』に出演した。川口元会長は02月に二代目東組から絶縁処分されて引退。今後の動向が注目されていた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

texas4

2022年04月28日までに、住吉会系幹部でYouTuberやラッパーとしても活動していた『敵刺』ら4人が、東京の歌舞伎町にある違法賭博店から用心棒代を受け取っていたとして逮捕された。この賭博店は2021年11月に摘発され、店長や客など計14人が逮捕されていた。

敵刺は、現役の組員でありながらYouTuberやラッパーとして活動していたが、2022年01月にも覚醒剤を精製したとして逮捕されている。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

texas2

2022年02月02日までに、住吉会系組員でYouTuberとしても活動する『敵刺』ら4人が、覚醒剤を製造していたとして逮捕された。日本人による覚醒剤の製造を警視庁が摘発するのは初めてだという。

敵刺は現役の組員でありながらYouTuberやラッパーとして活動し、六代目山口組の司忍組長をラップでディスった楽曲も発表していた。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

バナー-懲役太郎-01

2021年12月に一般公開される予定の映画『極道系Vチューバー達磨』は、元ヤクザのバーチャルYouTuberである懲役太郎さんとそっくりなキャラクターが登場するものの、監督は懲役太郎さんに何の許可も得ていなかった。

パクリ疑惑に批判が相次いだが、監督は『懲役太郎さんの大ファン。参考にさせて頂いた』と火に油を注ぎ、さらに炎上。予定されていた映画祭での上映が中止となる事態となった。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

バナー-懲役太郎-01

2021年12月に一般公開される予定の映画『極道系Vチューバー達磨』の、予告編動画が09月11日に公開された。この映画は、ヤクザがバーチャルYouTuberを始めるといった内容で、元ヤクザのバーチャルYouTuberである懲役太郎さんとそっくりなキャラクターが登場する。

そのため、この映画は懲役太郎さんをモチーフとして制作されたと思われたが、当の懲役太郎さんは『パクリだ』とTwitterでつぶやいた。監督は懲役太郎さんに何の許可も得ずに映画を制作したとみられていて、物議を醸している。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

tepodon5

大阪の半グレグループのナンバー2とされていた、テポドンが服役を終えて出所し、2021年06月末からインスタグラムやYouTubeの活動を再開させた。

テポドンは自身のYouTubeチャンネルで、「これからは真面目に真っ当に頑張って行きますので、よろしくお願いします」と話し、更生する決意を表明した。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

texas1

今や生活に欠かせない媒体となっている、インターネット動画共有サービス『YouTube』。誰でも動画を自由に投稿でき、広告掲載によって収益を得られることから、YouTubeに動画を投稿して収益を稼ぐ『YouTuber』が続出している。

そんな昨今、YouTube上には元暴力団組員や元アウトローなど、アウトロー系YouTuberが続々と誕生しているが、現役の暴力団組員もYouTuberとなっていた。

  ⇒ 関連記事 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

↑このページのトップヘ