Roku

2017年01月31日、府中刑務所に服役している六代目山口組若頭の高山清司が、国を提訴したという情報があった。

高山若頭は2010年に恐喝容疑で逮捕され、一審と二審で実刑判決が下り、2014年12月から府中刑務所に服役しているが、高山若頭には適切な治療とリハビリを行わなければ生命の危険もある、後縦靱帯骨化症という難病を患っている。

服役前に勾留されていた大阪拘置所では1日に1時間半のマッサージを毎日受けることができたが、府中刑務所では時間が限られ治療内容も不十分であったため、国を相手に1100万円の賠償と、自身が指名する医師の診療を求めて提訴したということのようだ。



山口組ナンバー2の高山受刑者、「刑務所の医療不十分」と国を訴え
2017.1.31 19:48

(産経ニュース) http://www.sankei.com/west/news/170131/wst1701310080-n1.html

山口組ナンバー2が国提訴「刑務所の医療が不十分だ。生命の危険生じる」
2017.02.01

(zakzak by 夕刊フジ) http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170201/dms1702011700014-n1.htm

「刑務所で適切な治療できない」 服役中の組幹部が提訴
2017年2月8日20時07分

(朝日新聞DIGITAL) http://www.asahi.com/articles/ASK285Q18K28UTIL02J.html



このニュースのまとめ

  • 2017年01月31日、六代目山口組若頭で府中刑務所に服役中の高山清司(69)が、刑務所の医療が不十分だとして、国に1100万円の賠償と、自身が指名する医師の診療を求めて提訴したことが分かった。
  • 高山清司は後縦靱帯骨化症という背骨の難病を患っており、適切な治療などを怠ると生命の危険があるという。府中刑務所では十分な治療が受けられないとしている。
  • 2017年01月31日、東京地裁で第1回口頭弁論が行われ、国は請求棄却を求めた。



スポンサーリンク