IMG_4603

2018年07月26日、神戸山口組『二代目宅見組』系幹部が窃盗の疑いで逮捕された。逮捕容疑は千葉県の高齢女性からキャッシュカードを騙し取って現金を引き出したというもの。この詐欺グループの一員がコンビニに詐欺マニュアルや高齢者名簿を置き忘れ、グループの摘発に繋がったという。


スポンサーリンク


窃盗容疑 仲間がマニュアル置き忘れ 振り込め指示役逮捕
2018年7月26日 12時41分

(毎日新聞) https://mainichi.jp/articles/20180726/k00/00e/040/267000c

「だましのマニュアル」置き忘れて詐欺事件バレた
2018/07/26 17:23

(テレ朝news) http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000132643.html



このニュースのまとめ

  • 2018年07月26日、神戸山口組『二代目宅見組』系幹部の三木秀美(44)が、窃盗の疑いで逮捕された。
  • 逮捕容疑は2018年02月に他の男らに指示をして、千葉県に住む女性(81)に電話を掛け「医療費の還付金がある」などとウソを付き、キャッシュカード2枚を騙し取り、現金189万円を引き出した疑い。
  • 2018年03月にかけ子の男(30)が詐欺のマニュアルや高齢者の名簿などを東京都港区赤坂のコンビニでコピーした際、マニュアル、名簿、携帯電話5~6台が入った茶封筒を置き忘れたまま退店。店長が不審に思い、警察に通報していた。
  • 2018年04月以降、かけ子の男ら計4人が逮捕され、詐欺グループのリーダーとみられる三木の関与が浮上し、今回の逮捕に至った。この詐欺グループは東京都内のビジネスホテルなどを転々としながら、高齢者を狙った詐欺の電話を繰り返していたとみられる。